OKI Open up your dreams

環境への取り組み

環境経営OKIグループ環境活動計画

OKIグループは、環境負荷を継続的に低減するための環境活動計画「OKIグループ環境活動計画」を策定し、目標に向けた具体的な取り組みを推進しています。2019年度における主な活動項目と実績は、表に示すとおりです。

OKIグループの主な環境活動計画(2019年度)目標と実績

低炭素社会の実現

区分 活動内容 2019年度目標 → 結果
商品系 ハードウェア製品の省電力化 開発製品の20%以上 → 20%
(従来比23%以上の省エネルギー)
事業系 事業場(工場、オフィス)のCO2削減 エネルギー使用量(kl) 1.2%以上削減 → 5.6%削減(前年度比)
効率20%以上改善 → 17%改善(2012年度比 原単位(注1)
全体 グリーン電力証書または排出量取引権(Jクレジット)の購入 53t-CO2(11万kWh)相当 → 209t-CO2(43万kWh)相当
※そのうち13t-CO2(2万kWh)相当を無効化

汚染の予防

区分 活動内容 2019年度目標 → 結果
商品系 含有化学物質規制に適合した製品の開発 35製品以上 → 20製品
新標準調査票への対応による順法確保
(化学物質管理システム/管理手順書)
RoHS追加禁止物質対応 → 優先順位別に調査継続中
ITシステムSHERPA対応機能追加 → 2機能リリース完了
法規制の順守状況確認 → 法令違反なし
事業系 工場からの排出率(注2)の監視 全社年2回以上 → 年2回
化学物質関連の法令順守(大気・水・土壌) 法令監査への適合、法令違反ゼロ → 達成

資源循環

区分 活動内容 2019年度目標 → 結果
商品系 使用済み製品のリサイクル 3,100t以上 → 2,450t
リサイクルが容易な製品の開発 31製品以上 → 31製品
事業系 再資源化率(有価物を含む)の維持 過去5年(14~18年度)の平均以上 → 達成(83%)
工場の資源投入効率(注3)の監視 全社年2回以上 → 年2回

共通

区分 活動内容 2019年度目標 → 結果
生物多様性保全 低炭素社会の実現/汚染の予防/資源循環 上記取り組みの推進(注4)

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ