OKI Open up your dreams

DX認定

OKIのDX戦略

社会の大丈夫をつくっていく。

OKIの強みである顧客基盤、インストールベース、技術力を生かしたOKI DX戦略をダイレクトもしくはパートナーを通してお客様に提供することにより、社会課題の解決に貢献していきます。
これにより、OKIの経営重要課題(マテリアリティ)である「社会課題を解決するモノ、コトの実現」、「ステークホルダーの期待に応える企業活動の実現」を実践し、創業150周年に向けて「社会の大丈夫をつくっていく。」を実現していきます。

社会の大丈夫をつくっていく。

 

OKIの取り組み

OKIは、創業時から続く電話機事業をはじめ、情報端末やATM、プリンターなど多くのインストールベースと、長年のモノづくりで培った技術力を強みとしています。
自社内のDXを強化し、そこで得られた技術・プロセスを外部化(エクスターナライゼーション)することにより、お客様のDX実現に貢献するソリューション、プロダクト、サービスを提供していきます。

全員参加型イノベーション

全員参加型イノベーション

OKI自身のDX推進のための全社的なイノベーション活動を展開しています。

  • Yume Pro活動
  • IMS(ISO56000)導入
  • 研究開発と共創イノベーション
詳しい取り組みを見る
AIエッジ戦略

AIエッジ戦略

AI、IoTを駆使したエッジ(現場)ソリューションを開発しています。

AIエッジコンピューター

  • AIエッジエコシステム
  • AIエッジソリューション
モノづくり基盤強化

モノづくり基盤強化

製造プラットフォーマーを目指すモノづくり基盤強化を推進しています。

  • バーチャル One Factory
  • ポータビリティ、システム統合

スマート工場
環境対応(ZEB/ZEF)

フロントシフト/ビジネスプロセスサービス

フロントシフト/
ビジネスプロセスサービス

お客様のDXを支援するプロダクト、サービスをご提供しています。

  • フロントシフト:労働力不足、働き方改革、感染症対応

モノづくり総合サービス(EMS・DMS、評価、保守)

  • BPOサービス(運用アウトソース)

 

DX新戦略のフラグシップファクトリー「本庄工場H1棟」

OKIはH1棟において製造業のDXを実現するソリューションコンセプト「Manufacturing DX」を実践してモノづくり基盤の強化をはかるとともに、ここで実証された技術、プロセス、ノウハウを「外部化」し、製品、ソリューション、さらには「モノづくり総合サービス(EMS/DMS)」としてお客様に提供することで、お客様の製造部門などにおけるDXを支援していきます。

環境負荷低減に配慮したレジリエンスなスマート工場
環境とつながる

環境とつながる

環境負荷低減・温暖化防止の分野での最先端の工場として、再生可能エネルギーを積極活用し、年間エネルギー収支ゼロを目標に「ZEB」から「ZEF」そしてカーボンゼロ工場の実現を目指しています。

人・地域とつながる

人・地域とつながる

持続可能な社会の実現に向け、建物内外に地産材(木材・レンガ等)を活用し、使用した木材は、植林を通し地域循環実現する、ステークホルダーの誇りとなる工場を目指しています。

経営とつながる

経営とつながる

精密電子機器から大規模システムまで顧客ニーズの変化や技術の進化に応えるフレキシブルな生産エリアと共に、自然災害に強い工場を実現しています。

動画

OKIデジタル責任者が語るDX新戦略のご紹介
[33分9秒]

「組織の変革」「業務プロセスの変革」「新ソリューション創出」「既存ソリューションの強化」の4象限でお客様のDX実現に貢献するDX新戦略を策定しました。

OKI専務執行役員 デジタル責任者の坪井 正志が、自社で強化した技術・プロセスを新ソリューション・サービスとしてお客様に提供していく「外部化」をはじめ、OKIのDX新戦略についてご説明します。

スマート工場の実現を支援する「Manufacturing DX」
[5分34秒]

「Manufacturing DX」は、OKI独自のセンシング技術、AI技術を結集・活用し、多くの製造業のお客様が抱える課題を解決し、スマート工場の実現を支援するソリューションです。

スマート工場実現の第一歩となる製造現場を見える化する「現場変革」から始め、現場と経営を高度、かつ双方向に連携する「IT・オペレーション変革」を実現することで、環境変化・法令対応・少量付加価値生産などのさまざまな経営判断を支援する「マネジメント変革」をご紹介します。

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ