OKI Open up your dreams

サステナビリティ

OKIグループのESG 社員への責任

人権・人財に関する基本的な考え方

OKIグループは、業務を担う一人ひとりの人権を守ることが、あらゆる企業活動の基盤であると認識し、企業行動憲章・行動規範に「人権の尊重」を掲げて、採用時研修、階層別研修およびeラーニングなどを通じて教育し徹底を図っています。また公正な採用・選考の実施や、多様な人財が活躍できる職場環境の整備に努めています。
人財ビジョンとして「誇り・情熱・誠実」を掲げ、社員全員が、会社とそこで働く自分・仲間に誇りを抱き、目標に向かって情熱を持って果敢に行動し、何事にも誠意を持って取り組める、そして心身ともに健康で仕事ができることを、経営の重要なテーマとして取り組んでいます。

OKIグループの人財戦略

OKIグループでは、社員の成果を適正に評価し、処遇することはもちろんのこと、経営目標の達成に向けて社員と会社のベクトルを合わせ、社員の成長が会社の発展につながることを目的とした評価制度を運用しています。
社員の成果のみをもって評価するのではなく、成果創出にあたりOKIグループの共有する価値観である「OKIグループ行動指針」が実践できていたかを評価し、社員がより積極的に変革に挑戦することをはじめ、行動指針各項目の実践を促しています。また、年功的な要素を排除し、仕事の役割と評価に応じた報酬体系とすることで、納得性の高い仕組みを実現しています。この仕組みを運用することで、積極的に挑戦し、成果を生み出すモチベーションの高い人財を育成します。
また、社員間のコミュニケーションの活性化や、ダイバーシティを推進し、働きやすくやりがいを持って日々の仕事に取り組める職場環境を作っていきます。

対話を重視した良好な労使関係

OKIは、各国・地域の法令に基づいて社員の団結権および団体交渉権を尊重すると同時に、労使の信頼関係を重視しています。国内では労使での協議を行う場として、労使のトップによる中央労使協議会や事業場ごとの労使協議会などを適宜開催し、経営環境や労使の課題について誠実に情報や意見を交換しています。

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ