OKI Open up your dreams

環境への取り組み

環境経営リスクと機会

リスクと機会のマネジメント体制

社長の責任のもと、TCFD提言のカテゴリーである気候変動を含む環境に関連する想定事象の設定(シナリオ分析)を行い、本社の環境専門部門にて事業部門や研究開発部門、調達部門などとのリスクと機会および対応について整合し、将来の財務影響を見据えた実効性の高い施策の検討をグループ全体で進めています。これらの結果は経営会議報告ののち、取締役会に報告されます。

リスクと機会および対応の体制図

  • TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures): 気候変動に対する企業の対応について、投資家への情報開示の必要性を勧告する提言

リスクと機会の認識と対応

OKIグループでは、気候変動を含む環境に関連する想定事象の設定(シナリオ分析)を以下のように行い、その認識を起点とした事業のあるべき姿を策定しています。

2030年頃までに想定される、主なリスク、主な機会への対応について示した表の画像

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ