環境への取り組み

環境データ省資源・リサイクル活動(事業拠点)

OKIグループでは、廃棄物の削減、リサイクルに努めています。廃棄物の発生量の抑制の中心は、購入量の適正化で、生産管理システムの活用や運用ルールの徹底などを行っています。また、生産現場においては歩留まり向上を常に図り、投入した資源を無駄なく使用することを徹底しています。発生した不要物は有価売却を行ったり、再資源化が可能なリサイクルベンダーに処理を委託しています。

2021年度の実績

再資源化の推進

OKIグループでは、廃棄物全体の再資源化率(注1) を2014~2018年の水準(83%)を維持することを目標に掲げています。
2021年度の実績は86%でした。

主要生産拠点の廃棄物再資源化率推移のグラフ

  • 注1: 再資源化率

    (有価売却量 + 委託先再資源化量) ÷ (有価売却量 + 廃棄委託量)

廃棄物総発生量

OKIグループ全体の廃棄物総発生量の推移

廃棄物総発生量のグラフ

廃棄物最終処分量

OKIグループ全体の廃棄物最終処分量の推移

主要生産拠点の廃棄物最終処分量推移のグラフ

プラスチックの資源循環に関する取り組み

OKIグループでは、廃プラスチックを含め、上記の再資源化率の維持を目標に掲げています。

廃プラスチックの再資源化率

廃プラスチック単体の再資源化率の推移

廃プラスチック単体の再資源化率の推移のグラフ

廃プラスチックの廃棄委託量

廃プラスチック単体の廃棄委託量の推移

廃プラスチック単体の廃棄委託量の推移のグラフ

プラスチックの廃棄抑制、再資源化に向けた活動

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ