現在位置:Home > OKIについて > 環境への取り組み > 商品の環境への配慮 > 化学物質管理システムの運用


環境への取り組み

商品の環境への配慮 化学物質管理システムの運用

製品に含まれる化学物質の規制は、世界各国で急速に強化されています。こうした管理は製品本体はもとより、梱包材を含め、すべての材料に及ぶものです。中でも欧州のRoHS指令、REACH規則は先導的な役割を果たしています。近年の動きとしては、「改正RoHS指令」において、RoHS適合証明方法として適合宣言書および技術文書作成保管の義務化といった強化がなされ、その実務は厳しさを増しています。
高度化する化学物質管理に着実に対応し、欧州をはじめとする世界の厳しい環境基準をクリアするために、OKIはソフトウェアCOINServ®-COSMOS-R/R(コインサーブ・コスモス・アールツー、以下、COSMOS-R/R)を独自に開発し、活用しています。
調査プロセスでは、膨大な部品調査に関する進捗管理のほか、多様なフォーマットへの対応などがあります。集計・評価プロセスでは、化学物質の含有率の計算、RoHS指令で禁止された物質が入っていないかの判定。報告プロセスでは、販売先に応じた多様なフォーマットへの対応と、ITシステムへの要求は高度化しています。
こうした実務課題、そして頻繁な法令改訂にも対応することにより、COSMOS-R/Rは使いやすい実務ツールとして進化を続けています。

業務プロセスと課題への対応

業務プロセスと課題への対応図

ページの先頭へ