OKI Open up your dreams

現在位置:Home > OKIについて > 環境への取り組み > 環境データ > 環境会計


環境への取り組み

環境データ環境会計

2018年度の実績

環境保全コスト

OKIグループはインフラ設備の更新や新規導入の際に、環境負荷の少ない機器を選定し設備投資を実施しています。
2017年度の投資額は1.73億円、費用額は137.5億円となりました。

環境保全コスト(単位:百万円)
分類 主な取り組み内容 投資 費用
2018年度 2017年度 2018年度 2017年度
事業エリア内コスト 公害防止
コスト
公害防止施設投資および維持管理費用 17 23 221 480
地球環境保全
コスト
省エネルギー施設投資および維持管理費用 74 129 147 113
資源循環
コスト
有機廃液の社内処理施設投資、廃棄物リサイクル費 42 32 2,058 2,928
133 185 2,426 3,521
上・下流コスト 生産設備類の投資および維持管理費用 3 1 61 84
管理活動コスト 環境マネジメントシステム関連および製品化学管理関連費用 33 39 558 509
研究開発コスト 製品の省エネルギー化の研究開発費 0 0 10,700 8,400
社会活動コスト 工場緑化費用、地域貢献活動費用 2 0 4 2
環境損傷コスト 環境の損傷に対応する引当金繰入、保険料および賦課金 0 0 1 1
その他コスト 2 0 1 2
合計 173 225 13,750 12,519

ページの先頭へ

経済効果

経済効果(単位:百万円)
分類 主な取り組み内容 当年連結合計 前年連結合計 対前年
費用削減効果 省エネルギー・省資源効果合計 事業活動における電気、石油類、ガス類、梱包材などの使用量削減 -46 15 -61
処理費削減効果 事業活動におけるリサイクルなどによる廃棄物削減 20 39 -18
-20 53 -73
実収入効果 事業活動から排出される廃棄物の有価売却 341 307 34
合計 321 360 -39

ページの先頭へ

環境保全効果(単位:トン)
環境負荷指標 排出削減量(対前年)
事業活動における温室効果ガス排出量(SCOPE1,2) 7,030
廃棄物最終処分量 57.5

ページの先頭へ

環境保全活動の主な取り組み事例

環境会計で集計した投資額、費用額、経済効果額についての主な取り組み事例をご紹介します。

OKIグループ国内主要事例(単位:千円)
分類 主な取り組み事例 金額 拠点
投資額 空調設備の更新 62,700 芝浦地区
空調設備の更新 19,000 沼津地区
空調設備の更新 16,500 富岡地区
高圧変電設備の更新 9,800 OKIマイクロ技研
電算機室一般空調機更新 7,000 OKIシステムセンター
費用額 産業廃棄物処理委託費用 67,300 OPC新潟
電気/ボイラ設備の運転監視 55,500 高崎地区
産業廃棄物処理委託費用 50,600 富岡地区
排水処理処理設備のメンテナンス 42,200 OKIプリンテッドサーキット上越工場
電気室配電盤/変電設備の更新 29,900 本庄地区
産業廃棄物処理委託費用 27,500 OKIプリンテッドサーキット青梅工場
経済効果額 電気使用量削減 77,100 OKI Brasil
不使用品有価売却額 45,600 OKIサーキットテクノロジー
不使用品有価売却額 27,200 OKIプリンテッドサーキット上越工場
不使用品有価売却額 27,700 OKI Brasil
廃棄物削減効果額 16,300 OKIコミュニケーションシステムズ

ページの先頭へ

OKIグループ海外主要事例(単位:千円)
分類 主な取り組み事例 金額 拠点
投資額 集塵装置 12,900 OKI Data Manufacturing(Thailand)
高効率設備 12,800 東莞沖美億電子有限公司
費用額 浄化槽のメンテナンス 11,900 OKI Data Manufacturing(Thailand)
排水基準維持管理 2,000 東莞沖美億電子有限公司
  • 本ページのデータは2018年度からOKI電線が連結対象に入ったことに伴い、過去にさかのぼって、同社分を加算しています。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ