現在位置:Home > 商品・サービス > サーバー関連製品 > サーバー > if Server > DL560 Gen10


サーバー関連製品

if Server DL560 Gen10 ラックマウント型

大規模データベースなどのミッションクリティカルに適した4WAYサーバー

if Server DL560 Gen10の写真

if Server DL560 Gen10シリーズの特徴

  • インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを最大4基搭載
  • 48枚のDIMMで最大3TBのメモリを搭載
  • 最大24台の2.5インチホットプラグ対応SASディスクを搭載
  • 2ポートの10Gbまたは、25Gb Ethernetネットワークアダプターを標準搭載
  • 最大で9つの拡張スロットを提供
  • 管理機能としてオンボードにIntegrated Lights-Out5を標準搭載

if Server DL560 Gen10シリーズの仕様

製品名 if Server DL560 Gen10
モデル名 G6130 2P32C 64G 8SFF/P408a G6148 4P80C 128G 8SFF/P408a
プロセッサー プロセッサータイプ インテル® Xeon® Gold 6130 プロセッサー 2.1GHz インテル® Xeon® Gold 6148 プロセッサー 2.4GHz
標準搭載数 2P/32C 4P/80C
マルチプロセッサー対応 4P/64C 4P/80C
キャッシュメモリ/CPU 1×22MB L3キャッシュ 1×27.5MB L3キャッシュ
HyperThreading(HT)/Turbo Boost(TB)対応 HT/TB
チップセット インテル® C621
メモリ サイズ 標準 64GB(16GB PC4-2666 RDIMM×4) 128GB(16GB PC4-2666 RDIMM×8)
最大 1.5TB(RDIMM)/3TB(LRDIMM)
オプティカル ドライブ 内蔵(注2) および外付けオプション
ディスク コントローラー Smart アレイP408i-a SR LH Gen10 コントローラー(専用スロット)
ハード ドライブ ドライブ ベイ 標準8、オプションで10~24(注3)(2.5インチ SFF スマートキャリア ホットプラグ対応SAS)
標準 ディスクレス
最大(内蔵) 標準8ベイ 30.72TB(3.84TB SAS×8台)
オプション24ベイ搭載時 92.16TB(3.84TB SAS×24台)(注4)
拡張スロット 7(FlexibleLOM アダプター専用×1、
フルハイト/ハーフレングスPCI Express Gen3 x16(x16 コネクター)×2、
フルハイト/ハーフレングスPCI Express Gen3 x8(x8 コネクター)×4)、
最大9(注5)
Smart アレイ用バッテリーホルダー 1
ネットワーク
(FlexibleLOM アダプター)
Ethernet 10Gb 2 ポート533FLR-T ネットワークアダプター(RJ-45×2)
リモート管理機能 Integrated Lights-Out 5(iLO 5)
外部インターフェイス
(FlexibleLOM アダプターを除く)
シリアル(RS-232C、DB-9)、モニター×2(背面VGA ポート、前面Display Port)(注6)、USB 2.0×4(背面2、前面2(注2))、USB 3.0×5(背面2、前面1、内部2)、iLO 5 リモート管理用RJ-45×1、フロントiLO サービス ポート×1
SD メモリカード スロット 内部1(microSD)
グラフィックス 32ビットカラー:1920×1200
消費電力 TBD TBD
入力電流 TBD TBD
電源 パワーサプライ 1600W パワーサプライ(80PLUS Platinum モデル)×2、最大4基、リダンダント構成対応
付属コード 200V用 C13-14電源コード(2m)×2
ファン 6個、ホットプラグ対応、N+1 リダンダント構成
省エネ法に基づくエネルギー消費効率(注1)
フォームファクター 2Uラックマウント型
サイズ(W×D×H) 446×755×88mm、本体梱包サイズ:600×998×273mm
重量 34.2kg(最大)
環境条件 動作時 温度:10~35℃、湿度:8~90% ただし結露しないこと
保管時 温度:-30~60℃、湿度:5~ 95% ただし結露しないこと
OSサポート Windows Server® 2012 R2 Standard/Datacenter Edition、Windows Server® 2016 Standard/Datacenter Edition、Red Hat® Enterprise Linux
  • 注1:

    エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を省エネ法で定める複合理論性能で除したものです。
    「-」で示された製品は、CPUの複合理論性能が一秒につき20万メガ演算以上のため、省エネ法の対象範囲に含まれません。

  • 注2:

    オプションのユニバーサル メディアベイ(24SFF構成は非対応)を搭載することにより、DVDドライブの内蔵および、USB 2.0を2ポート増設可能です。

  • 注3:

    FF構成ではオプティカル ドライブの搭載は非対応です。

  • 注4:

    SAS エキスパンダーカードの追加、またはSmart アレイコントローラーの追加が必要です。

  • 注5:

    オプションのセカンド/サード スロット ライザーの追加により、PCI Express スロットを追加可能です。ただし、パワーサプライを4個搭載する場合はサード スロット ライザーは搭載できません。

  • 注6:

    フロントのビデオポートはユニバーサル メディアベイが必要です。背面VGA ビデオ ポートと前面Display Portを同時に使用することはできません。

  • インテル、Xeon は、米国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
  • Microsoft、Windows、Windows Server は、米国 Microsoft Corporation の米国、日本、およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Red Hat はRed Hat,Inc. の登録商標です。
  • Linux は Linus Torvalds の米国およびその他の国における登録商標、あるいは商標です。
  • 掲載されているデータは、作成時点のものです。予告なく内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ


  • お問い合わせ