現在位置:Home > 商品・サービス > サーバー関連製品 > サーバー > OKITAC9000 > ディスクアレイ


サーバー関連製品

OKITAC9000 ディスクアレイ

SR-VSGシリーズ

ラインナップ

SR-VSG350、SR-VSG370の仕様

SR-VSG350の写真
SR-VSG350

製品名 SR-VSG350 SR-VSG370
2.5型モデル 3.5型モデル 2.5型モデル 3.5型モデル
ホストインターフェース 種別 ファイバーチャネル:最大32Gbps、または、iSCSI:最大10Gbps
ポート数(最大) ファイバーチャネル 16(32Gbps/16Gbps)
iSCSI 8(10GBASE-SR/10GBASE-T/1000BASE-T)
ドライブ搭載可能台数(注1) 2.5型ドライブボックス使用時 192(注2) 180(注3) 288(注2) 276(注3)
3.5型ドライブボックス使用時 108(注2) 96(注3) 156(注2) 144(注3)
フラッシュモジュールドライブボックス(注4)使用時 84(注5) 132(注5)
サポートドライブ ドライブインターフェース SAS 最大12Gbps
ディスクドライブ容量 2.5型 15,000回転 300GB/600GB
2.5型 10,000回転 600GB/1.2TB/1.8TB/2.4TB
3.5型 10,000回転 1.2TB/1.8TB
3.5型 7,200回転 6TB/10TB
フラッシュドライブ容量 480GB/960GB/1.9TB/3.8TB/7.6TB
フラッシュモジュールドライブ容量 3.5TB/7.0TB/14.0TB
最大物理容量 ディスクアレイシステム内部ストレージ 1,452TB 1,388TB 2,178TB 2,114TB
キャッシュメモリ最大容量 128GB 256GB
サポートRAIDモデル RAID1(2D+2D、4D+4D)、RAID5(2D+1P~8D+1P)、
RAID6(4D+2P、6D+2P、8D+2P、10D+2P、12D+2P、14D+2P)
電源入力(AC) 単相 100V/200V
コントローラーシャーシ仕様 EIA規格ユニット数(注6) 2
外形寸法(W×D×H)(注7) 483×813×88mm
質量(最大)(注8) 50kg
所要電力 定格電力(注9) 800VA(760W)以下
消費電力(注10) 610W以下 600W以下 610W以下 600W以下
省エネ法に基づく表示(2011年度規定) 区分 N
エネルギー消費効率(注11) 0.0063 0.0026 0.0061 0.0025
接続サーバー(注12) OKITAC9000
if Server
  • 注1:

    スペアドライブを含みます。

  • 注2:

    コントローラシャーシのドライブ24台を含めたディスクドライブ/フラッシュドライブの搭載可能台数です。

  • 注3:

    コントローラシャーシのドライブ12台を含めたディスクドライブ/フラッシュドライブの搭載可能台数です。

  • 注4:

    フラッシュモジュールドライブ専用筐体です。

  • 注5:

    フラッシュモジュールドライブの搭載可能台数です。

  • 注6:

    コントローラシャーシの高さと、ラック筐体の物理ユニット数を示します。ユニットとは、ラック筐体に開けられている取付用の穴と穴との間隔(高さ方向)を言い、EIA(Electronic Industries Association)のパネル取付規格では、1ユニットは44.45mmとなっています。

  • 注7:

    外形寸法にはケーブルおよびケーブル固定クランプ、ケーブル固定ネジを含みません。

  • 注8:

    最大構成(搭載可能なディスク、冗長コントローラなどすべてを搭載)における質量を示します。

  • 注9:

    全オプションを実装した構成での最大負荷時の消費電力です。

  • 注10:

    全オプションを実装した構成で、エラー無し、I/O有りの状態での消費電力です。

  • 注11:

    エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。

  • 注12:

    OKITAC9000、if Server以外のサーバーに接続した場合のサポートは行っておりません。

ページの先頭へ

SR-VSG200の仕様

SR-VSG200の写真
SR-VSG200

製品名 SR-VSG200
2.5型モデル 3.5型モデル
ホストインターフェース 種別 ブロックインターフェース ファイバーチャネル:最大32Gbps、または、iSCSI:最大10Gbps
ポート数
(最大)
ファイバーチャネル 16(8Gbps/16Gbps/32Gbps)
iSCSI 10Gbps×8(10GBASE-SR/10GBASE-T/1000BASE-T)
ドライブ搭載可能台数 2.5型ドライブボックス使用時 192(注1) 180(注2)
3.5型ドライブボックス使用時 108(注1) 96(注2)
フラッシュモジュールドライブボックス(注3)使用時 84(注4)
サポートドライブ ドライブインターフェース SAS 最大12Gbps
ディスクドライブ容量 2.5型 15,000回転 300GB/600GB
2.5型 10,000回転 600GB/1.2TB/1.8TB
3.5型 7,200回転 4TB/6TB/10TB
フラッシュドライブ容量 2.5型 200GB/400GB/480GB/960GB/1.9TB/3.8TB
フラッシュモジュールドライブ容量 1.75TB/3.5TB/7.0TB/14TB
最大物理容量 ディスクアレイシステム内部ストレージ 2,391TB 2,467TB
キャッシュメモリ最大容量 64GB
サポートRAIDモデル RAID5(2D+1P~8D+1P)、RAID1(2D+2D、4D+4D)、RAID6(4D+2P、6D+2P、8D+2P、10D+2P、12D+2P、14D+2P)
電源入力(AC) 単相 100V/200V
コントローラーシャーシ仕様 EIA規格ユニット数(注5) 2
外形寸法(W×D×H)(注6) 483×813×88mm
質量(最大)(注7) 44kg 46kg
所要電力 定格電力(注8) 800VA(760W)以下
消費電力(注9) 520VA(500W)以下 450VA(430W)以下
省エネ法に基づく表示(2011年度規定) 区分 N
エネルギー消費効率(注10) 0.0081 0.0024
接続サーバー(注11) OKITAC9000
if Server
  • 注1:

    コントローラーシャーシのドライブ24台を含めたディスクドライブ/フラッシュドライブの搭載可能台数です。

  • 注2:

    コントローラーシャーシのドライブ12台を含めたディスクドライブ/フラッシュドライブの搭載可能台数です。

  • 注3:

    フラッシュモジュールドライブ専用筐体です。

  • 注4:

    フラッシュモジュールドライブの搭載可能台数です。

  • 注5:

    コントローラシャーシの高さと、ラック筐体の物理ユニット数を示します。ユニットとは、ラック筐体に開けられている取付用の穴と穴との間隔(高さ方向)を言い、EIA(Electronic Industries Association)のパネル取付規格では、1ユニットは44.45mmとなっています。

  • 注6:

    外形寸法にはケーブルおよびケーブル固定クランプ、ケーブル固定ネジを含みません。

  • 注7:

    最大構成(搭載可能なディスク、冗長コントローラなどすべてを搭載)における質量を示します。

  • 注8:

    全オプションを実装した構成での最大負荷時の消費電力です。

  • 注9:

    全オプションを実装した構成で、エラー無し、I/O有りの状態での消費電力です。

  • 注10:

    エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定された消費電力を、省エネ法で定める記憶容量で除したものです。

  • 注11:

    OKITAC9000、if Server以外のサーバーに接続した場合のサポートは行っておりません。

  • OKITAC は、沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
  • 掲載されているデータは、作成時点のものです。予告なく内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ


  • お問い合わせ