現在位置:Home > 商品・サービス > サーバー関連製品 > サポート > Red Hat Enterprise Linuxソフトウェア保守サポート


サーバー関連製品

Red Hat Enterprise Linuxソフトウェア保守サービス

OKIは、ビジネスパートナーであるレッドハット株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社と連携し、if Serverに組み込まれたRed Hat® Enterprise Linuxに対する技術支援を提供します。本サービスでは、お客様のお問い合わせに対する情報の提供と、オペレーティングシステムに問題が発生した場合、お客様に対して問題解決のための技術支援を行います。 Linuxのセキュリティ拡張モジュールであるSELinuxの機能を使用する場合の保守サービスも提供しています。

サービスメニューとサポート対象機能

Red Hat Enterprise Linuxソフトウェア保守サービスは、Linuxの基本機能の利用をサポートする保守サービスと、これに拡張機能であるSELinuxの利用をサポートする保守サービスを付加した2種類のメニュー構成となっています。

Red Hat Enterprise Linux 保守サービス

Red Hat Enterprise Linuxの機能のうち、下記の基本的なLinuxの機能をサポートします。

  • カーネルの基本機能 ※ 、ブートローダ、ドライバ、ファイル・システム
  • OSの基本コマンド(ls、vi、cat、mv、cp など)
  • X Window System
  • GNOME、KDEデスクトップ環境
  • Apache (Web) サーバー
  • Sambaサーバー
  • DNSサーバー
  • FTPサーバー
  • squid(proxy)サーバー
  • DHCP サーバー能
  • NISサーバー
  • NFSサーバー
  • sendmail
  • postfix
  • OpenLDAP

※:SELinuxを含む拡張機能を除きます。

ページの先頭へ

Red Hat Enterprise Linux + SELinux 保守サービス

本サービスは、Red Hat Enterprise Linux保守サービスのサポート対象機能に加え、下記の機能をサポートします。

  • SELinuxで使用するコマンド(semanage、semoduleなど)
  • targetedポリシーを使用したセキュリティ設定
  • strictポリシーを使用したセキュリティ設定

サポート対象プラットフォーム

サポート対象サーバー、オペレーティングシステムの最新情報は、 「if Server OSサポート情報」のページをご参照ください。

サポートポリシー

OKIのRed Hat Enterprise Linuxに関するサポートポリシーは、 レッドハット株式会社のサポートポリシーに準じます。

  • Red Hatは、Red Hat Software,Inc.の登録商標です。
  • その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭へ


  • お問い合わせ