OKI Open up your dreams


  • Home
  • Yume Pro
  • イノベーション創出活動
  • OKIが目指す漁業サプライチェーンの変革

Yume Pro

海洋保全・資源

OKIが目指す漁業サプライチェーンの変革

OKIの目指す漁業サプライチェーンの変革とは、水産資源の保護と漁業収益を最大化しようとしていることが特徴です。

たとえば、一般的には、定置網漁では水揚げ後に市場に出して初めて売上がわかるのがこれまでの常識でしたが、わたしたちは、水揚げされる前の魚が網にかかっている状態で、事前に市場に出た時の売上額を推定したり、どの市場がもっとも高く売ることができるかといったことを予測したりできるようにしたいと考えています。

このような考えに至ったのは、漁獲量の激減が社会課題となってきたことが影響しています。
一説では、これまでは、魚を食べるのは、日本が中心だったところが、近年の健康食ブームで世界的に魚を食べることが急激に普及してきたことや、地球環境の変化で魚自体の生態の変化などから漁獲量が激減しておりこのことが大きな社会課題として注目を集めています。
日本の場合ですと、漁業はどうしても零細漁業者が多いので、経営に行き詰ってしまい、後継者不足も問題となっているのが実情です。

OKIの水中音響技術と共創パートナーのノウハウの組み合わせ

このような状況の中、私たちが持っている水中音響技術と共創パートナー様が持っている市場の情報や流通のノウハウを組み合わせて、これまでの漁業サプライチェーンを抜本から変えてしまうことで、これらの問題を解決したいと考えています。

具体的に、どのような取り組みをしているかというと、そもそも私たちは漁業のプロではないので、現場の問題を知るためにも実際に漁業の現場を見させていただきながら、このビジネスアイデアを実現させようと取り組んでいるところです。

現場の課題からイノベーションを興す

たとえば、この夏、函館市木直漁港にヒアリングに行った時の話ですが、当地では、定置網漁でマグロが烏賊を食べてしまうために函館名物の烏賊が年々獲れなくなっていることに追い打ちをかけていると言われていることがわかってきました。

現場の課題としては、いかにしてマグロを上手く逃がせるかが課題だということがわかってきたので、たとえばOKIの音響技術を使うことで、定置網内のマグロの情報を正確に検知するしくみが必要なのではないかと様々な角度から考えているところです。

その一方で、函館ではブリも獲れるのですが、北海道ではあまりブリを食べる習慣がありません。そのため、北海道内では高値で売れないといった地域特有の課題があることもわかってきました。
そこで、北海道以外の漁港でブリを販売できるルートを見つけるなどのしくみは作れないかなどそちらの方面でも検討しようと考えているところです。

このように、OKIではこれまでの漁業の常識にとらわれず、サプライチェーンを抜本的に変えてしまうことで、水産資源の保護だけでなく、漁業収益を最大化しようとしています。

本記事およびOKIの「Yume Pro」については、こちらよりお問い合わせください。



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ