• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

  • Home
  • Yume Pro
  • 物流分野でOKIはイノベーションを興します

Yume Pro

物流

物流分野でOKIはイノベーションを興します

OKIは、長年にわたり、官公庁様や金融機関のお客様の様々なシステムを繋ぐ事で業務の効率化を提供していました。物流分野においてもこの技術とノウハウを入り口に、社会課題となっている物流崩壊への対処のため、柔軟かつ持続的なサプライチェーンを構築できる世界を目指しています。

物流分野の目指すところ

  • 様々なシステムと接続できる技術を強みとし、2社間接続による事務作業効率化ビジネス事業を創出
  • 物流情報を共有できる仕組みを提供し、効率的なサプライチェーン構築により省力化に寄与
  • AIシステム同士が連携し、ニューノーマルの急激な需給変化に柔軟に対応するサプライチェーン構築の完全自動化を目指す

物流分野の取り組み(事例)

「LogiConnect®」を通じて、任意の相手に情報を簡易に共有できる仕組みを提供する事で、ニューノーマル時代の複雑な状況下でも最適なサプライチェーンを構築できる世界を目指す

<業務作業の効率化から取り組みはじめています>

物流業界では人手不足が大きな社会課題です。サプライチェーン上の様々な情報をひとつに集めて物流全体を効率化して人手不足を解決していこうというのが業界の悲願でもありますが、OKIは身近な所から情報を集める価値を創り、段階を踏んで徐々に広げていくことが重要だと考えます。
最初の入り口として、荷主の方の出荷管理業務をOKIの繋ぐ技術で楽にできないかという取り組みをはじめました。日々大量に出荷される商品が今どのような状況かを一瞬で確認できるような仕組みを考えています。

OKIの繋ぐ技術で解決する物流サプライチェーンの社会課題

最適なサプライチェーンを構築するにはサプライチェーン上の様々な物流データが欠かせませんが、実態は物流データが個々に閉じており全体を把握できないという社会課題があります。

OKIはこの社会課題解決のため、OKIの強みである様々なシステムを繋ぐ技術で物流事務を効率化させることで、物流情報のネットワークを広げ最適なサプライチェーン構築の実現を目指しています。

たくさんのシステムが連携していないため現場の工数が増えている

現場レベルではシステムが個別に存在する事でデータの入力や加工といった物流事務の工数がかさんでいるという現場特有の課題が存在しています。
具体的な例では、物流管理部門では商品を出荷した後に出荷リストと商品到着状況を配送会社HPなどで調べ、新たに到着リストを作成したり、お客様や営業部門からの問い合わせに都度確認して対応するという事務が大量に発生しております。
これに対して、出荷管理システムと到着状況システムをOKIの得意とするシステムで連携し、分かりやすいWebUIで自由に検索して一元的に表示する事で、これらの業務で非常に高い工数削減効果が得られると考えております。

本記事およびOKIの「Yume Pro」については、こちらよりお問い合わせください。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ