• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

注力分野の活動事例

リモートワーク・教育

リモートワーク・教育領域への取組み

労働人口減少による働き方改革の推進、および2020年の新型コロナ感染症対策をきっかけに、オンサイトとリモートサイトとでハイブリッドに業務を行うというスタイルが急激に進められています。さらに今後は、オンサイトだから、リモートだからといった場所を意識することなく仕事や授業ができる、スマートワークの世界に移っていきます。OKIは、このようなリモートワーク・教育の領域でのインテリジェント化、DX化に取り組んでいます。

リモートワーク・教育への取組

学校教育現場における社会課題

近年、夏季には真夏日だけでなく猛暑日が頻繁に発生しています。これに伴い、学校教育現場において、熱中症をはじめとする体調不良、またその重症化、死亡事例等が社会問題化しています。その上、新型コロナ感染症対策としてマスク着用の徹底指導が行われており、体育授業に対する不安がぬぐいきれません。加えて学校教育現場では、2020年度より学習指導要領が変更され、生徒の主体的/対話的で深い学びを重要視するようになりました。成績評価のためには、生徒の運動能力の変化やどれだけ頑張っているかの様子をとらえなければなりません。その結果、細かな運動能力のデータ記録やデータ収集、データ整理等に伴う業務量の増大が、先生の長時間労働の一因となっています。

学校教育現場における社会課題

OKIが目指す体育教育ICT

運動に熱中するあまり、生徒は自身の体調変化に気づけないことが多く、気づいたとしても我慢しようとし、結果として体調不良が悪化することもあります。OKIは、体育授業をする先生に、個々の生徒の体調を手元のタブレットで一括に確認できるようにすることで、安心して授業ができる環境を提供しようとしています。また、蓄積された体調データを生徒自身が振り返って見ることで、自身のヘルスリテラシーの向上につながると考えています。
さらに、生徒の運動能力のデータ化のために、体育授業を受けている生徒全員の運動データを自動で集める仕組みを提供していきます。生徒の運動能力の記録、収集、整理をICTに任せることで、先生の負担を軽減できるため,先生は生徒と向き合う時間を増やし,生徒の頑張りに対するサポートと成績評価に注力できるようになります。

OKIが目指す体育教育ICT

OKIの強み:移動対応無線通信

学校のグラウンドのような広い場所で、多くの生徒が動き回るような場面では、常時生徒のバイタルデータを収集することは非常に困難です。学校での体育授業を想定すると、次のような課題や制約事項があります。

  • 商用の通信回線等の免許必要局は、通信品質は安定するものの通信費が高額になります。
  • 通信費が不要のWi-Fi, Bluetooth等の免許不要局は、少数近距離では使えますが、多数で広範囲を動く生徒のデータを、少数の基地局で集めることは困難です。
  • 生徒が体育授業で腕に着ける程度のサイズのデバイスにするためには、ハードウエアの小型化(低消費電力化)が必須です。
  • 生徒の体調をリアルタイムに見ながら授業をするためには、体温、心拍、運動量等の計測データの高頻度な収集が必要です。

OKIは、これら求められる要件全てに応えるために独自の通信方式を開発し、現場ニーズに適した移動対応無線通信システムを実現しました。長年取り組んできたネットワーク技術の研究開発の経験を活かし、広いグラウンドで体育授業をする多数の生徒の体調情報を、小型、省電力、通信費不要で、リアルタイムに、基地局1台で集めることができるようにしています。

無線技術の特徴と強み

体育教育ICTの今後の取組み

OKIは、移動対応無線通信システムを搭載した、小型のバイタルセンサー無線ノードを用いて、小中学校、教育委員会、校務支援システムベンダー様との共創により、具体的に体育授業での実証実験を行おうとしています。そして、先生にとって生徒の体調情報が一括で確認できる事が体育授業を安全、安心に行うために有用であることの価値を理解していただき、実績作りを進めていきます。また、体調管理に続いて、運動管理や、学校施設の利用管理等の機能を順次加え、生徒自身で運動能力の理解を深めてもらうとともに、様々な観点で安全、安心な学校生活を送れるように取り組んでいきます。
さらに、このソリューションのコアにある移動対応無線ネットワーク技術は、学校教育への適用の他にも,集団で行動する人への適用として、建設現場の作業員や団体旅行の旅行者等の状態観察、また、人以外への適用として、放牧している家畜の状態観察、移動車両からインフラに固定されたセンサー情報の収集等への適用が期待できます。
人の集団体調管理のみならず、互いに移動している多くのモノや人の間でデータの送受信が求められる場面において、導入事業者様、センサーメーカー様と一緒に、社会実装に取り組んでいきます。

今後の取組み

大阪教育大学様との共同研究を開始

OKIは、2022年度、大阪教育大学様と共同研究契約を結びました。本研究では、小中学生を対象とした体育科学習におけるICT活用の有用性検証と、ICT活用による新たな体育科教育の開発検討を目的としています。
具体的には、教育現場で利活用可能なリストバンド型のICT機器(バイタルセンサー)を用いて、小中学校の主にグラウンドでの体育授業で実証実験を行ないます。実証実験では、運動中の体調情報や身体活動情報を生徒一人一人から効率よく収集、モニタリング可能にし、体育授業中の学習・評価の質向上、および健康・体調管理について有用性を検証すると共に、新たな体育科教育の開発を進めていきます。

関連する記事、文献

共創パートナー様を募集します。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ