スマート・ワークライフ/働き方改革

「変革と継承」で生産性の高い働き方とワークライフバランスを実現

「在宅勤務やサテライトオフィスでのコミュニケーション」「非接触・非対面の遠隔での現場対応」などのソリューションで、生産性の高い働き方とワークライフバランスを実現する「スマート・ワークライフ」や「働き方改革」を実現します。

変革と継承、OKIのコミュニケーション提案の取り組みです

働き方改革を実現するためのコンセプト「C3&S」は、3つのCによる変革と、企業文化・既存システムの良い部分の継承(S)を意味します。OKIグループ/パートナー各社の商材とも連携し、多彩なお客様のニーズにお応えしていきます。

OKIの取り組み
テレワーク中心の働き方変化に対応「社員協働×顧客共創」を実現するオフィス改革

オフィスイメージ

OKIは、アフターコロナに向けた働き方の変化を見据え、コラボレーションの強化による社員の協働、お客様・パートナーとの共創を目的とした、オフィス環境の再構築に取り組んでいます。
虎ノ門本社と芝浦ビジネスセンターの役割を再定義の上で再配置した結果、オフィス総⾯積と席数を半減。さまざまな施策で刷新されたオフィスは、イノベーション共創空間へと生まれ変わりました。

導入事例:KATOマネジメントグループ様

社屋外観

商品・サービス
ビジネスホン「CrosCore2」
スマートフォン内線「MLiner」
概要
建設、介護、不動産の3つの事業を運営する性格上、夜間や休日のお客様からの電話への応対が欠かせず、スマートフォンへの転送に課題を抱えていました。そこで「CrosCore2」と連携する「MLiner」を採用。外出先でも会社に着信する外線電話への応対を可能にしたほか、社内コミュニケーション強化や働き方改革への対応、さらにコロナ禍を考慮した非対面での受付対応を実現しました。
  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ