現在位置:Home > 商品・サービス > サーバー関連製品 > ミドルウェア > Oracle Fusion Middleware > WebLogic・Tuxedo プロフェッショナルサービス > 導入事例:ハードウェア保守サービス業 A社


Oracle Fusion Middleware

導入事例:ハードウェア保守サービス業 A社Tuxedo+WebLogicによるオープンシステム化マイグレーションへの技術支援コンサルティング

システム構成

システム構成図

対象業種

  • ハードウェア保守サービス業

対象製品

  • Tuxedo 8.1+WebLogic Server 8.1

マイグレーション担当SI事業者

対象システム

  • 全国数百の支社からの在庫引き当て・発送システム

システム内容

  • 24時間 365日稼動
  • 数千万件/月のトランザクションを処理
  • メインフレームから、オープンCOBOLへマイグレーション

OKIコンサルの導入理由

  • 以下の要件を満たす必要があり、OKIに技術支援を依頼した。
    • Tuxedo/WebLogicのノウハウが必要。
    • 数十万件/hのトランザクションをストレスなく処理したい。
    • 無停止運用を実現したい。

適用コンサル名

  • WebLogic/Tuxedo設計支援サービス
  • WebLogic/Tuxedoシステム限界性能評価サービス

期間

  • 設計支援サービス 約1ヶ月間
  • システム限界性能評価サービス 約1ヶ月間

OKIコンサル後の状況

  • トランザクション要件(数十万件/h)をクリア
  • 性能は要件の2倍
  • カットオーバから約2年経過しているが、障害によるシステム全停止は発生せず、またメンテナンス中もサービスが継続できるなど、無停止運用が実現できている。

コンサルテーション実施効果のグラク

ページの先頭へ