業界メディアが徹底評価!COREFIDO EXレポ

業務の効率化・コスト削減に繋がる!カラーLEDプリンター「COREFIDO EX」


業務の効率化・コスト削減に繋がる!カラーLEDプリンター「COREFIDO EX」

慢性的な人手不足問題解決の見通しが立たない小売業において、ありとあらゆる業務に対して技術やツールを活用することは必須と言えるだろう。無人化店舗、キャッシュレス、AIなどのフューチャーストア的なアプローチもある一方で、既存の業務スタイルは大きく変えずに効率化・コスト削減をする、手堅い対策の重要性も忘れてはならない。
そんな中、「7年間無償サービス」という独自の特長を持つプリンター「COREFIDO EX」モデルに注目。小売業の印刷業務がどう改善出来るかという観点からレビューを行う。

※このコンテンツは販売革新に掲載されているものです

OKIデータの「COREFIDO(コアフィード)」シリーズは、「5年間無償サービス」という従来のプリンターとしては破格の保証サービスを持ち、競争の激しいビジネスプリンター市場で大きな存在感を放ってきた。その「COREFIDO」シリーズの新モデルとして、さらに2年長い「7年間無償保証」と「メンテナンス品7年間無償提供」を実現したのが「COREFIDO EX」だ。
COREFIDO EX C835dnw

独自のLED技術がもたらす長期の無償保証

これだけ長い保証サービスが実現可能なのは、独自のLED技術によるものが大きい。同社はLEDがまだ一般的でなかった30年以上前から一貫してLEDプリンターを開発しており、1981年には世界初の卓上LEDプリンターを発売している。
LEDを採用することの大きなメリットは、そのコンパクトさとシンプルさだ。レーザー方式に比べて光源距離が短く、A3カラーLED/レーザープリンターとしては世界最小の設置面積(※1)となっている。卓上に置いて使用することも可能であり、スペースがそれほどない店舗のバックヤードでも設置が出来る。後述する手差し用トレイや用紙の補給も前面からとなるため、周りに物があっても良いところもメリットだ。
また、内部構造も非常にシンプル。上部を開けると目に入るのは縦に並んでいる4色のトナーとドラムだけであり、トナーも取り外しが容易だ。シンプルな構造はそのまま耐久性に繋がっており、壊れにくい。万が一紙詰まりを起こした場合でもトナーとドラムを取り外すことで、用紙の回収も簡単だ。
こうした、シンプルな構造が実現させる高耐久性とメンテナンスのしやすさが、長期間の無償保証を可能にしていると言っても過言ではない。

2008年に業界初のサービスとして「5年間無償保証」をスタートし、今回更に進化した「7年間無償保証」と「メンテナンス品7年間無償提供」。それぞれ、購入日から起算して7年以内に発生した故障について無償で修理するというものと、同じく7年以内にメンテナンス品が寿命を迎えた場合、無償で交換品を提供してもらえるというもの。(※2)
一般的にビジネスプリンター・複合機では、本体とは別に有償の保守契約を結ぶか、スポットで修理を依頼することで長期の運用を可能としている。そのため、長期での運用を考えた場合、導入時の本体費用に保守費用、修理費用を含めたトータルコスト(TCO)を考える必要がある。突然の修理費用の発生や保守契約の更新など、予定外の費用がかかることは極力避けたい各企業にとっても、TCO自体の削減を狙いたい企業にとっても、COREFIDO EXの「7年間無償サービス」というのは非常に大きいだろう。
7年という年数についても、より長く使えるというメリットの他に、連携して使用されることの多い業務システムの入れ替えのサイクルに合わせたというねらいもある。システムの入れ替え時にプリンターも併せて入れ替える、という流れになれば、検討の手間を一元化出来るといった具合だ。

1台で多彩な目的に使える用紙対応力

社内で使用する書類はもちろん、POPやプライスカード、業態によっては調剤用の薬袋、最近ではエコや作業効率化の面から簡易包装化が進むギフト向けの短冊のし紙などの利用が増えており、ペーパーレス化が進む時代と言いつつも、小売業では紙を出力し使用する機会はまだまだ多い。その一方で、ラミネート加工をしたり、短冊サイズの用紙に印刷するなど、特殊な環境や行程が必要となる。
「COREFIDO EX」モデルのプリンターの場合、それらの印刷が1台で可能となっている。用紙サイズは幅55~297mm、長さ90~1321mmまで対応しており、POPでよく使うB8サイズからポスターなどに使用する長尺まで印刷出来る。また、普通紙のみならず、厚紙をはじめ、耐水紙や薬袋の印刷も出来る。同社のWebサイト(※3)にて設定の解説があり、それに従えば問題なく印刷可能だ。
つまり、外部への発注や内部制作の手間・工数共に削減でき、またオンデマンドで必要な数だけを簡単に作成可能なので、全店共通の印刷物はもちろん、個店の持つアイデアを即座に実現出来る点も大きなメリットであるだろう。


永遠の課題である小売業の人手不足。それは裏を返すと、一人あたりの業務カバー範囲が増える、ということだ。それらの対応策の一つとして、作業の専門性を下げることは重要だろう。そのためには、いつも使っているもので、いつもと同じような業務が出来るというのは非常に大きい。つまり、長期間一つの機器で印刷業務がカバー出来るこの同製品は費用や効率面だけではなく、使い手にとっても易しい、まさに手堅い人材不足対策となるプリンターなのだ。

※1 A3カラーLED/レーザープリンターの設置面積(A3使用時)において。2019年7月現在。OKIデータ調べ。

※2 ご購入日から起算して7年以内に発生した故障について、当社保証規定に基づいて無償で修理するサービスです。本サービスをご利用いただくには、お客様登録後に発行される「保証書」が必要となります。詳しくはOKIデータホームページでご案内しております。

※3 特殊用紙印刷方法および使用前の注意事項についてはOKIデータホームページでご案内しております。

facebook youtube