920MHz帯マルチホップ無線 SmartHop

使い方、自由自在、無線ネットワークをより簡単に低コストで実現
つながる、高い信頼性

お知らせ

更新情報

ゼロエナジーゲートウェイに高感度カメラ付モデルが登場

ゼロエナジーゲートウェイ

ソーラー発電駆動により外部電源が不要で、夜間など暗い低照度環境でも照明を用いずクリアに撮影ができる「ゼロエナジー高感度カメラ」の販売を開始しました。

本商品は、橋りょうなど老朽化が進むインフラ構造物、あるいは河川氾濫や土砂災害などの状況を監視することを可能とし、広範囲でのインフラの巡回点検の自動化、遠隔地からの災害現場の目視確認を実現します。

資料ダウンロード

SmartHopシリーズのご紹介

  • MHシリーズ
  • SRシリーズ

OKIのSmartHopは、免許不要で長距離伝送ができる920MHz帯無線に対応し、センサーネットワークをフレキシブルに構築できます。さらにマルチホップ通信機能により、無線通信の信頼性を向上。さまざまな場所でのセンサー情報の収集や機器制御にご利用いただけます。

シリアル透過や低速移動体対応などの機能を内蔵し、高信頼の920MHz帯マルチホップ無線でマルチベンダーIoTシステムが構築できるMHシリーズと、消費電力を抑え、これまで困難だった電池駆動のマルチホップネットワークを構築できるSRシリーズがあり、お客様の使用方法・目的に応じて、最適な商品をお選びいただけます。

また、SmartHop(SRシリーズ)とLTEを内蔵し、電源工事、通信配線工事が不要なゼロエナジーゲートウェイや、 SmartHop(SRシリーズ)と3軸加速度センサーを内蔵し、エッジ分析にも対応した無線加速度センサーの組み合わせによって、橋梁などのインフラ構造物、河川などの社会インフラ設備の維持管理を効率化するモニタリングを実現します。

MHシリーズ

920MHz帯マルチホップ無線ユニット(RS485タイプ/RS232Cタイプ)

920MHz帯マルチホップ無線ユニット(RS485タイプ/RS232Cタイプ)

  • 有線センサーネットワークの全て/一部をそのまま無線化
  • 業界標準のModbusに加え、メーカー独自プロトコルにも対応可能で、多様な機器・センサーと接続可能
  • 各社から販売されているSmartHop対応商品と組み合わせて利用可能

920MHz帯無線通信モジュール(透過モデル/カスタマイズモデル)

920MHz帯無線通信モジュール(透過モデル/カスタマイズモデル)

  • 組み込み機器向け
  • 無線ユニット同等のシリアル通信透過機能を標準搭載し、お客様の開発コストを削減
  • お客様の要求に応じたカスタマイズにも対応可能

海外対応版無線通信モジュール

海外対応版無線通信モジュール

  • 組み込み機器向け
  • 各国のサブギガ帯に対応し、米FCC版、台湾版、韓国版、タイ版、ベトナム版をラインアップ
  • MHシリーズの「920MHz帯無線通信モジュール」をベースとしており、お客様の基板を流用して短期間かつ低コストで海外展開が可能
  • シリアル通信透過機能を標準搭載し、お客様の開発コストを削減

SRシリーズ

電池駆動対応920MHz無線モジュール

電池駆動対応920MHz無線モジュール

  • 組み込み機器向け
  • 従来技術では不可能だった電池駆動によるマルチホップ通信に対応し、外部電源不要のセンサーネットワークを構築可能

SRシリーズご紹介動画

長時間の電池駆動を実現する省電力マルチホップネットワークに対応したSR無線モジュールの概要と、その採用事例を動画でご紹介します。また装置開発の際に動作テストや通信テストの実施が可能なSR評価ボードの利用方法もご説明します。

ゼロエナジーゲートウェイ


単体型

単体型
  • SmartHopとLTEに対応した通信配線も不要なIoTゲートウェイ
  • ソーラー発電駆動のため外部電源が不要
超音波水位計付
  • 超音波水位計を内蔵し、水位計測が可能
水圧式水位計付
  • 水圧式水位計を内蔵し、水位計測が可能
高感度カメラ付
  • 夜間でも高感度撮影が可能

無線加速度センサーユニット

無線加速度センサーユニット

  • 橋梁や支柱などのインフラ構造物の振動データを収集・可視化
  • エッジ分析技術で、傾きや固有振動数を自動算出

MHシリーズとSRシリーズは、通信手順が異なるため接続互換ができません。


920MHz帯マルチホップ無線 SmartHopに関するお問い合わせ先
Webからのお問い合わせ: お問い合わせフォーム
  • SmartHopは沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ