OKI Open up your dreams

920MHz帯マルチホップ無線 SmartHop

使い方、自由自在、無線ネットワークをより簡単に低コストで実現
つながる、高い信頼性

ゼロエナジーゲートウェイ

適用例イメージ:橋梁

電源・通信工事不要でインフラモニタリングを容易に実現

ソーラー発電で駆動し電源の無い環境でも利用できる、920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」とLTEによる無線通信機能を備えたIoTゲートウェイです。

特長


ゼロエナジーゲートウェイ

電源工事、通信配線工事が不要で設置容易性に優れたゲートウェイ
ソーラー発電駆動のため外部電源が不要であり、SmartHopとLTEに対応した通信配線も不要なIoTゲートウェイです。
複数のタイプをご用意、無線加速度センサーとも連携
ゲートウェイ単体型および河川監視で多数実績のある超音波水位計、ならびに水圧型水位計を一体化したタイプを品揃えし、また対象物の傾きや固有振動数のデータを収集可能な電池駆動の無線加速度センサーとも接続が可能です。
広範囲のモニタリングを実現し、インフラ監視の維持管理を効率化
各タイプのゼロエナジーゲートウェイと無線加速度センサーは、内蔵するSmartHopにより、互いに中継して無線伝送することができるため、広範囲でのモニタリングが可能となり、設置が難しい橋梁などのインフラ構造物、河川などの社会インフラ設備の維持管理を効率化するモニタリングを実現します。

システム構成

システム構成例

ゼロエナジーゲートウェイ 仕様

ラインアップ 単体型 超音波水位計付 水圧式水位計付
外観

単体型 外観

超音波水位計付 外観

水圧式水位計付 外観

外形寸法 230×284×378 本体:230×210×165
センサー部:Φ234×H281mm
本体:230×210×165
センサー部:Φ29.5×H190mmm
(ケーブル除く)
重量 約4kg 本体:約4kg
センサー部:約2kg
本体:約4Kg
センサー部:約0.3kg
ケーブル:約2Kg(30m時)
920MHz帯無線 規格 IEEE 802.15.4g準拠、ARIB STD-T108準拠
周波数 920MHz帯(922.3MHz~928.1MHz)
チャネル 33,34ch~59,60ch(2単位チャネルの同時使用)
アンテナ 防水スリーブアンテナ
プロトコル 無線マルチホップネットワーク(SmartHop SR仕様)
ノードタイプ スリープ親機/スリープ子機
モバイル通信 規格 LTE-Cat.1(NTTドコモ回線)、標準SIM(縦25mm、横15mm)
装置監視 温湿度センサー 装置内の温度、湿度監視用
電圧計測 バッテリー電圧低下監視用
マンマシンインターフェース スイッチ 電源SW:1個、ロータリーSW:2個
LED表示 起動確認用:緑1個、異常通知用:赤1個
保守ポート micro USB×1、Bluetooth×1
電源条件 使用電源 太陽光発電、ニッケル水素電池
耐不日照条件 連続不日照9日間
環境条件 温湿度条件 -20~60℃、10~95%RH
保管温湿度条件 -20~60℃、10~95%RH
防塵防水耐性 IP65
環境対応 RoHS対応
耐燃性 UL94-V0
  • 仕様は今後、変更となる場合があります。

920MHz帯マルチホップ無線 SmartHopに関するお問い合わせ先
Webからのお問い合わせ: お問い合わせフォーム
  • SmartHopは沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ