C941dn

プリンター管理・セキュリティー


いつ誰が何部印刷したかなどの情報を集計できる「smart PrintSuperVision(sPSV)」

ユーザーや装置の印刷制限の管理や、いつ誰が何部印刷したかなどの情報を集計できるユーティリティーソフトです。印刷枚数の制限や印刷履歴を管理することで、プリントの濫用や私用データなどの不正プリントを管理・抑制できるため、プリントコスト削減対策やユーザーの意識向上に役立てることができます。

ダウンロードはこちら >

主な機能

印刷制限機能 <使用量制限>

ユーザー、ドキュメント(ファイル名)などごとに印刷の可否や、カラー印刷の可否など、複数のユーザーや装置の印刷制限をまとめて設定することができます。また、ユーザーや装置ごとに、印刷可能な上限(印刷枚数など)を設定することができます。

印刷履歴集計機能 <装置使用履歴>

印刷したユーザー名、印刷枚数などの使用履歴情報をジョブログとして取得し、集計することができます。ジョブログはCSVファイルとして書き出すことができるので、市販の表計算ソフトで活用できます。

課金計算機能

各部署やユーザーごとに、プリントコストの算出を行えます。個々のコストを正確に把握することで、業務内容の特性に合わせた的確な予算配分やコスト削減策を講じられます。

装置管理機能

印刷量やトナーなどの消耗品使用状況、用紙サイズエラーなどのステータス情報を収集・集計し、その結果を画面に表示したり、メールで通知したりすることができます。

Active Directory連携

Active Directory上のユーザー情報を利用できるため、ユーザー数が多い場合でも初期登録作業をスムーズに行えます。また、定期的に同期することでユーザーやユーザーグループの管理メンテナンスの手間を軽減できます。

インストール作業をスムーズにするWeb Driver Installer(Windowsのみ)

新しいプリンターがネットワークに接続されると同時に、各利用者へ自動でメールを配信。利用者が、メールに記載されているURLをクリックするだけでプリンタードライバーをインストールします。

ダウンロードはこちらから >

印刷データの盗聴、改ざん、なりすましを防止するSSL/TLS通信対応

プリンターとのデータ通信をよりセキュアに行うために、暗号化技術SSL/TLS通信に対応。機密データのプリントやプリンター設定の遠隔操作なども安全に行えます。

※コンピュータ側のOSがIPPプロトコルに対応している必要があります。

印刷物のデータ漏えいや盗難を防ぐ「暗号化認証印刷」

印刷ジョブを暗号化してハードディスクへ保存できます。プリントの際は操作パネルからパスワード入力が必要なので、印刷物の盗難防止にも役立ちます。

※オプションの内蔵ハードディスク(HDD-C3G)が必要です。

※Windowsのみ

facebook youtube