サービス&ソリューション

smart PrintSuperVision(sPSV)


1. 概要

メインメニュー
ユーザーや装置の印刷制限の管理や、いつ誰が何部印刷したかなどの情報を集計できるユーティリティーソフトです。 
印刷枚数の制限(※1)や印刷履歴を管理することで、プリントの濫用や私用データなどの不正プリントを管理・抑制できるため、プリントコスト削減対策やユーザーの意識向上に役立てることができます。

※1 制限枚数は、1度に印刷する枚数の途中で制限を超えても、印刷終了まで制限は掛かりません。又、設定された時間間隔以内は、枚数制限は掛かりません。

2. 特徴

2.1. 印刷制限機能

使用量制限
ユーザー、ドキュメント(ファイル名)などごとに印刷を許可する/許可しない、を設定することができます。
同様にカラー印刷を許可する/許可しないを設定することもできます。
複数のユーザーや装置の印刷制限をまとめて設定することができます。これにより、たとえば、総務部はどの装置からでも印刷が行え、経理部は自部門に設置された装置からのみ印刷が行える、といった制限を設定することができます。
ユーザーや装置ごとに、印刷可能な上限(印刷枚数など)を設定することができます。(※1)

※1 制限枚数は、1度に印刷する枚数の途中で制限を超えても、印刷終了まで制限は掛かりません。又、設定された時間間隔以内は、枚数制限は掛かりません。

2.2. 課金計算機能

各部署やユーザーごとに、プリントコストの算出を行えます。個々のコストを正確に把握することで、業務内容の特性に合わせた的確な予算配分やコスト削減策を講じられます。

2.3. 印刷履歴集計機能

装置使用履歴
印刷した日時、ユーザー名、印刷枚数、用紙サイズなどの情報をジョブログとして取得し、集計することができます。
ジョブログはCSVファイルとして書き出すことができるので、市販の表計算ソフトで活用できます。

2.4. 装置管理機能

印刷量やトナーなどの消耗品使用状況、用紙サイズエラーなどのステータス情報を収集・集計し、その結果を画面に表示したり、メールで通知したりすることができます。

2.5. Active Directory連携

Active Directory上のユーザー情報を利用できるため、ユーザー数が多い場合でも初期登録作業をスムーズに行えます。また、定期的に同期することでユーザーやユーザーグループの管理メンテナンスの手間を軽減できます。

3. しくみ

spsvのしくみ

※1 管理者PC、クライアントPCでの設定に基づいて情報を収集します。

※2 自分のユーザーアカウントのみ閲覧可能です。

※3 ユーザーID(PIN)で利用者を判別する場合、インストールが必要です。



No.名称内容
1装置sPSVで管理するプリンターや複合機など
2サーバーPCsPSVがインストールされているサーバー
3Data Baseサーバーデータベース処理を行うサーバー
4認証サーバーディレクトリーサービスを行うサーバー(sPSVではActive Directoryを指します。)
5SMTPサーバーE-mail処理を行うサーバー
6管理者PC
(Windows)
Webブラウザー上でsPSVの管理者でログインし、サーバーPCにアクセスすることで、装置やユーザー/ユーザーグループの登録、使用制限の設定および装置の管理を行うことができます。
7クライアントPC
(Windows/Mac)
各ユーザーが印刷したり、sPSVで管理している情報を閲覧するPCです。
  • ユーザーID(PIN)で利用者を判別する場合、クライアントソフトウェアをインストールし、ユーザーID(PIN)を登録することで、そのユーザーに対して使用制限をかけたり、印刷のコストを集計することができます。

※ No.2サーバーPCがNo.2、No.3、No.4の機能を担うこともできます。

※ No.2サーバーPCから、sPSVで管理している情報を閲覧したり、使用制限、印刷のコストを集計をすることもできます。インポート/エクスポート、データーベース設定やWebサービス設定は、サーバーPC上でsPSVの管理者でログインしている場合、変更することができます。

4. 構成

4.1. サーバーソフトウェア

smart PrintSuperVision

システム管理者用の管理ツールです。装置やユーザー/ユーザーグループの登録、印刷制限の設定および装置の管理を行います。装置から取得したジョブログはデータベースに保存されます。

4.2. クライアントソフトウェア

プリントジョブアカウンティングクライアントソフトウェア

ユーザーID(PIN)で利用者を判別する場合、クライアントコンピューターにインストールします。ユーザー名とユーザーID(PIN)を設定します。

5. 動作環境

5.1. サーバーソフトウェア対応OS

Windows 10(32/64bit)/Windows 8.1(32/64bit)/Windows 8(32/64bit)/Windows 7(32/64bit)/Windows Vista(32/64bit)/Windows Server 2016/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2008(32/64bit)

※日本語以外のOSには対応していません。

5.2. クライアントソフトウエア対応OS

Windows 10(32/64bit)/Windows 8.1(32/64bit)/Windows 8(32/64bit)/Windows 7(32/64bit)/Windows Vista(32/64bit)/Windows Server 2016/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2008(32/64bit)/Mac OS X

※ 日本語以外のOSには対応していません。

※ MacOSX 10.3以降の日本語版が動作するMacintosh。

※ Mac OS日本語版のマルチユーザー機能には対応していません。

※ ご使用の機種やプリンタードライバーによって動作環境が異なる場合があります。プリンターのユーザーズマニュアルをご覧ください。

facebook youtube