スペシャルコンテンツ

特色ホワイト&クリアー プリントガイド


CMYKトナーによるカラープリントに加えて、「ホワイト」や光沢感のある「クリアー」を印刷できるMICROLINE VINCI C941dnなら、パッケージデザインでは欠かすことのできない白の下地処理なども思いのまま。
いままでは印刷して確認するしかなかった白色を活かしたデザインも、MICROLINE VINCI C941dnがあれば、すぐに仕上がりをシュミレーションすることが可能です。
ホワイトトナーを使用するサンプルデータ

一般にカラー印刷とは「CMYK4色=プロセスカラー印刷」を指します。「ホワイト/クリアー」は特色扱いで、プロセスカラーに組みあわせ、または単色で使用することが多いです。
2色ともにデザインのアクセントに活用できる色ですが、フィルムやPETといった透明な素材に印刷する場合は、“カラー印刷を引き立たせる色”としてホワイトが機能します。フィルム系素材を多用するパッケージ印刷で、なくてはならない色が「ホワイト」です。

MICROLINE VINCI C941dn(以下、「C941dn」)は、購入時にトナー構成として「ホワイト」または「クリアー」が選択でき、購入した後でも「特色キット」(オプション)によっていずれかの色を追加・交換できます。
そこで気になるのが、「ホワイト」や「クリアー」といった色を使うデータはどうやって制作すればよいのか、という問題です。カラー印刷において、プロセス カラー(CMYK)以外の色は「特色」(スポットカラー)として扱わなければならない。これは、ホワイトやクリアーを使うデータ制作でもっとも注意しなけ ればならない点なので、当たり前の基礎知識のようですが前提としてしっかり認識しておきましょう。

印刷までの作業工程

印刷までの作業工程です。各工程の作業内容詳細は下記よりダウンロードできるPDFをご覧ください。
実際作業に使用するIllustratorやIndesignの制作画面イメージも交え、各工程を細かく解説しています。

ホワイト&クリアー用データをつくる

まず最初に行う作業が「スウォッチカラーの作成と登録」です。C941dnでは、登録時のスウォッチカラー名称を「SpotColor_White」また は「SpotColor_Clear」とすることで、「ホワイト」または「クリアー」で指定されたとみなして印刷します。
ホワイト&クリアー用データ作成から印刷までのフロー

特色を印刷するさまざまな方法

C941dnには「カラー(CMYK)+ホワイトまたはクリアーで印刷」と「(CMYKは使用せずに)ホワイトまたはクリアーのみで印刷」の2種類の印刷 方法があります。また、ホワイトトナーは下地として印刷することもあるので、「ホワイトを刷ってからCMYK」「CMYKを刷ってからホワイト」と2つか ら選択することができます。
特色印刷のフロー
facebook youtube

©1995-Thu Mar 21 08:12:16 UTC 2019 Oki Data Corporation