OKI Open up your dreams

920MHz帯マルチホップ無線 SmartHop

使い方、自由自在、無線ネットワークをより簡単に低コストで実現
つながる、高い信頼性

無線加速度センサーユニット

適用例イメージ:橋梁

インフラ構造物の健全度を無線ネットワークで遠隔監視

橋梁や支柱等のインフラ構造物の振動データを920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop」を用いて遠隔で収集・可視化し、維持管理や保全業務に貢献します。

特長


無線加速度センサーユニット

配線工事無しで設置が容易な無線加速度センサーユニット
3軸加速度センサーとSmartHop SR無線モジュールを内蔵した無線加速度センサーユニットは高度なスリープ制御により、長期間の電池駆動を実現しており、配線工事無しで設置が可能となるため導入コストを大幅に削減します。
加速度データのエッジ分析技術で、傾きや固有振動数を計測
センサーユニット内で加速度データを演算処理するエッジ分析に対応しており、高精度な傾斜計測、監視対象の固有振動数の計測が可能です。傾斜計測は、河床の洗堀による橋脚の傾き監視、斜面の土砂崩れの監視に利用することができます。固有振動数計測はインフラ構造物の劣化による振動特性の変化の監視や、斜張橋の斜材ケーブルの張力監視に利用できます。
ゼロエナジーゲートウェイとの連携により遠隔モニタリングが可能
太陽光発電駆動のIoTゲートウェイであるゼロエナジーゲートウェイと、920MHz帯マルチホップ無線で連携が可能です。ゼロエナジーゲートウェイを経由してクラウドにデータを収集することにより、データ可視化や異常発生時のメール通知などが可能となるため、インフラ管理者による維持管理の高度化、効率化に役立てることができます。

システム構成

インフラモニタリング/防災

無線加速度センサーユニット 仕様

項目 仕様
920MHz帯無線通信インターフェース 規格 IEEE 802.15.4g準拠、ARIB STD-T108準拠
周波数 920MHz帯(922.3MHz~928.1MHz)
チャネル 33,34ch~59,60ch(2単位チャネルの同時使用)
プロトコル 無線マルチホップネットワーク(SmartHop SR仕様)
アンテナ 防水スリーブアンテナ
マンマシンインターフェース 電源スイッチ 1個
無線チャネル設定スイッチ 1個
省電力周期設定スイッチ 1個
LED表示 緑1個、赤1個
センシング 加速度 計測軸:3軸、サンプリング:125Hz、レンジ:±2G
傾斜 計測方向:2方向、分解能:0.01°
エッジ分析 平均化周波数スペクトル、ピーク周波数分布
装置内監視 温湿度、電池電圧
電源条件 使用電源 円筒型リチウム電池CR17450 2本パック
電池寿命 5年間
環境条件 温湿度範囲 -20~60℃、25~85%RH 結露なきこと
防塵防水耐性 IP65
外観 外形寸法 L140×W76×H60mm(突起、アンテナ含まず)
質量 約530g(電池、アンテナ含む)
環境対応 RoHS対応
耐燃性 UL94-V0
  • 仕様は今後、変更となる場合があります。

920MHz帯マルチホップ無線 SmartHopに関するお問い合わせ先
Webからのお問い合わせ: お問い合わせフォーム
  • SmartHopは沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ