サービス&ソリューション

SENDYS Explorer


SENDYS Explorerのご紹介

SENDYS Explorerのご紹介
SENDYS Explorerのご紹介 ※Youtubeのサイトへリンクしています。(別画面で表示されます)

1. SENDYS Explorerとは

SENDYS Explorer
SENDYS Explorerは、Alidata社が提供する文書管理ソフトウェアです。
一台のPCまたはサーバーにインスールすることで部門の文書共有・管理が行えます。
SENDYS Explorer

2. 機能紹介

  • 紙文書をカラーLED複合機からスキャンし、SENDYS Explorerにアップロードできます。(ファイル形式:PDF/PDF-A/PNG/TIFF/JPEG)
  • スキャン時に、SENDYS ExplorerのOCR機能・文書変換機能を使用すれば、検索可能なPDFやWord/Excelに変換できます。
  • SENDYS Explorerにアップロードした文書は、カラーLED複合機/PC/スマートフォンから閲覧し、印刷することができます。
文書のキャプチャー
カラーLED複合機、スマートフォン/タブレットカメラ(Androidアプリや iOSアプリ経由)、デスクトップWebインターフェイスおよびEメールなど、さまざまなソースからキャプチャーすることができます。
文書ハブ
スキャンしたファイルをEメール、ネットワークフォルダ、EメールFAXサーバーまたは文書管理システムに配信できます。
印刷
スキャンした文書やクラウド上の文書(※1)を、カラーLED複合機パネル、スマートフォン/タブレットまたはWebインターフェイスから直接簡単に印刷できます。
文書変換
スキャンした文書を次のようなファイル形式に変換できます:TXT、TIFF、PNG、JPEG、PDFおよびPDF‐A。
すべてのバージョンにOCR(光学式文字認識)機能・文書変換機能(※2)が組み込まれているので、電子文書や紙の文書からテキストを抽出できます。
スキャンコネクター(※1)
スキャンした文書をMFPまたはスマートフォンからDropbox、OneDrive、Google DriveおよびMicrosoft SharePointに直接アップロードできます。
FAX自動振分け(※3)
FAX送信元番号[TSI(※4)]を利用して、受信FAXをSENDYS Explorer(各ユーザーのフォルダー)に自動振分けをすることができます。振分け時にはユーザーにFAX受信通知メールを送信することが可能です。
FAX自動振分け機能については、下記のお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

※1 クラウド連携ライセンスが必要です。詳細は商品ラインアップをご覧ください。

※2 OCR機能・文書変換機能ライセンスが必要です。 OCR機能・文書変換機能ライセンスを購入されない場合でも基本ライセンスにて500ページまでOCR・ドキュメント変換が可能です。詳細は商品ラインアップをご覧ください。

※3 MC883/863シリーズのみサポートしています。

※4 TSI:送信元のファクス番号。送信元FAXに自局のFAX番号として設定します。

入手方法
適用機種に添付されている小冊子に、ソフトウェアのダウンロードリンク先が記載されていますので、そちらよりダウンロードができます。
または、以下のリンク先にアクセスし、そちらよりダウンロードができます。

Sendys Explorerダウンロードリンク(外部サイトに移動します。) External link

※マニュアルもこちらからダウンロードができます。

4. 製品ラインアップ

基本ライセンス

品名型名JANコード

税込価格

(本体価格)

機能

Sendys

Explorer

対象のカラーLED複合機を購入後に

無償ダウンロードができます。

OCR機能・文書変換機能[検索可能な

PDF/PDF-A、Word(docx)、Excel(xlsx)]
上限500ページまで(※5)

OCR機能・文書変換機能ライセンス

品名型名JANコード

税込価格

(本体価格)

機能

Sendys

Explorer

Bronze

SFT-SEPB4949443102895オープン価格

OCR機能・文書変換機能[検索

可能なPDF/PDF-A、

Word(docx)、Excel(xlsx)]
年間2万5千ページまで(※6)

Sendys

Explorer

Silver

SFT-SEPS4949443102888オープン価格

OCR機能・文書変換機能[検索

可能なPDF/PDF-A、

Word(docx)、Excel(xlsx)]
年間5万ページまで(※6)

Sendys

Explorer

Gold

SFT-SEPG4949443102871オープン価格

OCR機能・文書変換機能[検索

可能なPDF/PDF-A、

Word(docx)、Excel(xlsx)]
年間10万ページまで(※6)

クラウド連携ライセンス

品名型名JANコード

税込価格

(本体価格)

機能

Sendys

Explorer

コネクタ

SFT-SECA4949443102901オープン価格

4種類のクラウドとの連携機能
(Microsoft SharePoint,

OneDrive,GoogleDrive,Dropbox)

※5 無償提供されるSENDYS ExplorerのOCR機能・文書変換機能は期間に制限なく上限500ページまでご利用ができます。なお、OCR機能・文書変換機能を使用せずに、PDF/PDF-A/PNG/TIFF/JPEGのファイル形式でSENDYS Explorerにアップロードする場合は、スキャンの上限ページ数に関係なくご利用ができます。OCR機能・文書変換機能を継続してご利用の場合にはOCR機能・文書変換機能ライセンスをご購入ください。

※6 OCR機能・文書変換機能は毎年上限のページ数までご利用ができます。年間とは1月1日~12月31日となります。なお、OCR機能・文書変換機能を使用せずに、PDF/PDF-A/PNG/TIFF/JPEGのファイル形式でSendys Explorerにアップロードする場合は、スキャンの上限ページ数に関係なくご利用ができます。

ページ数について
ページ数とは、OCR機能・文書変換機能を使用して検索可能なPDF・Word・Excelへ文書変換したページ数です。
  • A4サイズ片面の原稿 1枚(1ページ)を検索可能なPDF・Word・Excelへ文書変換した場合:1ページ
  • A3サイズ片面の原稿 1枚(1ページ)を検索可能なPDF・Word・Excelへ文書変換した場合:1ページ
  • A4サイズ両面の原稿 1枚(2ページ)を検索可能なPDF・Word・Excelへ文書変換した場合:2ページ
  • A3サイズ両面の原稿 1枚(2ページ)を検索可能なPDF・Word・Excelへ文書変換した場合:2ページ
OCR機能・文書変換機能ライセンスのインストール手順・方法について
Sendys Explorerダウンロードリンクよりダウンロードした“管理者マニュアル”の、「管理者設定 > OCR設定 > ABBYY RECOGNITION SERVER > ライセンス」 をご参照ください。
クラウド連携ライセンスのインストール手順・方法について
Sendys Explorerダウンロードリンクよりダウンロードした“管理者マニュアル”の、「ライセンス > アクティベーション」 をご参照ください。

5. お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは下記フォームよりお願いいたします

お問い合わせフォームはこちら >

※COREFIDO/コアフィードは、株式会社沖データの登録商標です。OKIは沖電気工業株式会社の登録商標です。

※SENDYS Explorerは、ALIDATA社の登録商標または商標です。

facebook youtube