OKI Open up your dreams

現在位置:Home > 商品・サービス > 映像IoTシステム AISION


映像IoTシステム AISION

映像監視イメージ

映像圧縮技術と画像センシング技術により、高画質で高度な映像サービスを提供

「AISION(アイシオン)」は、顔認識・物体認識などの画像センシング認識技術と、AI・アナリクティクス技術を融合させることにより、高度な映像サービスを提供します。

従来の映像システムとは異なり、圧縮機能によるデータのスリム化・ランニングコスト削減や、画像センシング機能で検出したデータ利用により映像ビッグデータの発展に貢献します。

映像IoTシステム「AISION」のシステム構成

ページの先頭へ

映像IoT-GW

映像圧縮モジュールと画像センシングモジュールを搭載する映像IoT-GW

AISIONの中核となるゲートウェイ装置です。

  • クラウドエッジでの映像圧縮、画像センシングを実現
  • LTEモジュール内蔵により固定通信回線の敷設が不要
  • 屋外設置ボックスへの収容によるロケーションフリーに対応
  • 動体認識は今後、提供予定の機能です。

ロケーションフリーの映像監視

LTE回線を介してデータをセンターサーバーに送信でき、固定回線の敷設が難しい屋外でも映像監視が可能です。

屋外設置ボックスの内部構成品

映像データのエッジコンピューティング

店舗の客層や交通量・車種情報などの解析結果のみをセンターサーバーに送ることで、映像データは伝送・保存せず、個人情報の保護やネットワーク回線の負荷を低減します。

映像圧縮モジュール

  • H.264符号化形式の高画質映像データを最大1/10に圧縮する映像配信の効率化技術を搭載
  • ストレージ量も伝送時のネットワーク帯域も最大約1/10と軽減され、映像品質を維持したままランニングコストを大幅に削減
  • 複数の店舗・事業所・オフィスなど、ネットワーク経由でセンター集中管理・分析をするネットワーク型の映像IoTシステムとして、低コストでの導入が可能

解像度、コーデック、フレームレートを維持しながら、ビットレートのみを削減。映像の体感品質は変わりません。

画像センシングモジュール

通行者認識
映像から人物を検出し、入退場の人数や滞在時間を検出します。
顔認識
映像から顔の目・眉・口などの特徴点を抽出し、年齢・性別を推定します。
車両認識
映像から通行車数、車種判定(大型/小型)、速度計測を実施します。交通量や天気・昼夜の変化にも安定した性能を実現します。
動体認識
航空機追尾や、土石流・河川氾濫を監視します。通常とは異なる突発的な動きも検知します。

ページの先頭へ

主な活用シーン

映像監視

映像監視
映像圧縮により、管理コストを抑えたシステムやモバイル回線を用いたシステムなど、さまざまな監視用途にご利用いただけます。

防犯・レジ混雑予測

防犯・レジ混雑予測
店舗内顧客の属性情報からレジへの到達人数を予測し、レジ混雑を事前に防ぐことで顧客満足度・提供サービスの向上に寄与します。

来店検出・客層分析

来店検出・客層分析
来店顧客の数や属性(性別・年齢など)を測り、店舗のサービス向上のためのマーケティングデータとして活用できます。

侵入検知・エリア監視

侵入検知・エリア監視
建設現場でのクレーン下など危険エリアに人が立ち入った場合に通知することで、安心・安全の向上に貢献します。

道路逆走検知

道路逆走検知
道路の混雑状況をリアルタイムに把握するとともに、逆送する車両を検知することで事故を未然に防止します。

ページの先頭へ



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ