OKI Open up your dreams

IPテレフォニー

豊富な実績と多彩な商品により、
快適なオフィス・コミュニケーションをご提供します

商品IPテレフォニーサーバー「SS9100」

モバイル

FMCサービス対応

携帯キャリア各社のネットワーク(携帯網)と専用回線で接続することで、オフィスの電話機と外出先のモバイル端末(※) の間で内線番号を使った発信/着信/転送が可能になります。内線番号で相手を直接呼び出すことで迅速に会話ができ、さらには定額プラン(FMC利用料)により全国どこにいても、いつでも通話料は無料です。

ご利用いただけるFMCサービス
  • KDDI「KDDI ビジネスコールダイレクト」
  • NTTドコモ「オフィスリンク」
  • SoftBank「ホワイトオフィス」
  • ワイモバイル「W-VPN」
  • 法人契約のFMCサービスに対応した携帯電話(スマートフォン)/PHSを指します。

ページの先頭へ

アプリケーションソフトウェア「Com@WILLシリーズ」

音声・映像・データによる多様でリッチなコミュニケーションツールを装備するCom@WILLシリーズ。電話・TV会議・プレゼンスなど、高度で多彩なコミュニケーションをPCで実現する「Com@WILLソフトフォン」をはじめ、スマートフォンで内線通話ができる「Com@WILLソフトフォンスマート」、ソフトフォンベースのオペレーター端末「Com@WILLアテンダント」などをご用意しています。

Com@WILLソフトフォン
左:Com@WILLソフトフォンスマート、右:Com@WILLアテンダント

ページの先頭へ

最適な発信ルートの自動選択で通信コスト削減

携帯電話機の普及により、相手の所在に関わらず携帯電話機に直接電話をかけるケースが増えてきています。そのため通信コストに対する携帯電話料金の比率が年々増えているのではないでしょうか?
SS9100では、内線電話機が携帯番号をダイヤルした際には、その番号が内線として登録されている3G/無線LANデュアル端末のものかをチェックし、相手の所在に応じた最適な発信ルートを自動的に選択します。
たとえば相手が社内にいる時には内線に、オフィス外にいる時には公衆電話網を経由して携帯電話に発信します。公衆電話網を経由した携帯電話機への発信は、携帯→携帯の発信に比べて通話料が割安ですので、発信者が意識しないでも通信コストの削減が可能になります。

  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ