OKI Open up your dreams

現在位置:Home > 商品・サービス > AIエッジコンピューティング > AIエッジコンピューター「AE2100」


AIエッジコンピューティング

AIエッジコンピューター「AE2100」 AIエッジコンピューティングAIエッジコンピューター「AE2100」

より早く・より正確に「リアルタイム-インテリジェンス」を体現

AE2100
AE2100

OKIの「AIエッジコンピューティング」の中核となるAE2100。ディープラーニングの推論環境を提供するインテル社のOpenVINO™ ツールキットとAIアクセラレーターである「インテル® Movidius™ Myriad™ X VPU」を搭載する、国内初のコンピューターアーキテクチャーを有しています。

また、各種センサーを収容する豊富なインターフェースや、多様な通信方式に対応しており、LTEや無線LAN、920MHzマルチホップ帯無線「SmartHop」にも対応しています。今後5Gにも対応する予定です。

OKIはAE2100を中核に、より早く、より最適で価値のある解を提供できる「リアルタイム-インテリジェンス」で、お客様が抱えるさまざまな課題を解決していきます。


オープンなAI実行環境 OpenVINO™ ツールキット対応

オープンなAI実行環境であるOpenVINO™ ツールキットに対応しています。TensorFlowなどの一般的なディープラーニングフレームワークで生成した学習済みモデルをOpenVINO™ ツールキットのモデル・オプティマイザーで変換し、AE2100上の推論エンジンでAI推論処理を実行できます。

オープンなAI実行環境 OpenVINO ツールキット対応

ページの先頭へ

高いAI処理性能 インテル® Movidius™ Myriad™ X VPU 搭載

Intel indide

インテル® Movidius™ Myriad™ X VPUを2チップ搭載できます。AI推論処理専用のAIアクセラレーターにより、エッジ上でも高速なディープラーニング処理性能を提供します。

4TOPSのトータルパフォーマンス/1TOPSのニューラルネットワーク処理/複数チップ搭載で性能向上/優れた消費電力当たりの性能を発揮

  • TOPS:Trillion Operations Per Second

ページの先頭へ

ソフトウェアアーキテクチャー

ソフトウェアアーキテクチャー

組み込みLinux(Yocto Linux)を搭載し、仮想化環境を提供するDocker、Azure IoT Edgeランタイム、AE2100の設定を行うWebUI/SDKを搭載。

標準コンテナにはOpenVINO™ ツールキットを搭載し、学習済みモデルやアプリケーションをインストールすることでインテル® Movidius™ Myriad™ X VPUを使用した推論処理を実行できます。

お客さまがご用意されるコンテナも動作させることができ、学習済みモデルなどの資産を有効活用できます。

ページの先頭へ

Microsoft Azure IoT Edge対応

Microsoft Azure Certified

クラウド上でAI処理結果の可視化や、AE2100で処理させる学習モデルをクラウドから配信するといったクラウドサービスとAE2100の連携を容易に構築でき、付加価値ソリューションを提供できます。


Microsoft Azure IoT Edge 対応

ページの先頭へ

多種多様な物理インタフェースに対応

IoT用途に最適なセンサー機器を収容するための、多種多様な物理インターフェースを搭載しています。LTE、無線LANにも対応しているため、お客さまのさまざまな設置環境で実力を発揮します。

多種多様な物理インタフェースに対応

  • 今後対応予定

ページの先頭へ

自営IoT無線「SmartHop」に対応

自営IoT無線「SmartHop」に対応

OKIのSmartHop(※)の無線モジュールを搭載できます。

SmartHopは、電波到達性の高い920MHz帯無線を採用。免許不要で使用でき、長距離伝送、通信品質の向上、親機1台当たり子機100台のマルチホップ接続を実現します。AE2100と、SmartHopを搭載した各社のセンサー機器を接続し、無線でセンサーデータを容易に収集することができます。

  • SmartHopはオプション搭載。MHシリーズ及びSRシリーズの通信モジュールが搭載可能

屋内・屋外の様々な設置環境に対応

AE2100本体で-20~60℃(※)の広い温度範囲に対応し、製造現場の過酷な環境でも運用可能です。さらに、社会インフラ用途で必要となる屋外環境向けに、防塵・防水(IP55/66)、-30~45℃(日射あり)の温度範囲に対応する屋外用筐体(オプション)を提供します。

  • オプション非搭載時。オプションの搭載条件により異なる

交通状況監視システムへの適用

  • 道路状況を即座に認識し、車両、歩行者などの位置・速度を計測することにより道路の交通状況を常に監視
  • 車種・車両数を監視して交通状況を把握することで、渋滞予測や迂回指示などで渋滞を緩和
  • 車両の走行方向を把握、逆走車両への警告や自律走行支援に活用

交通状況監視システムへの適用

製造設備の異常監視・予兆監視への適用

  • 異常振動や異音による設備異常の早期発見・故障前の適切なメンテナンスを実施
  • 作業員の目や耳に代わりAIで異常を検知、熟練者の確保や育成等の課題を解決
  • 人の経験や感覚では気付かない機械の劣化を検知し、不良品の発生を防止

製造設備の異常監視・予兆監視への適用

社会インフラモニタリングへの適用

  • 橋梁、鉄塔等のインフラ構造物の健全度を加速度データのエッジ分析でスコア化
  • 点検補助、災害後の迅速な状況把握、修繕前後の常時監視へ適用
  • 監視員が出動する前にAIで広範囲のインフラの健全度を把握し、現場対応を効率化

社会インフラモニタリングへの適用

店舗管理、来店顧客の客層分析への適用

  • 来店顧客のデータを自動収集し、時間別、性別、年代別に分析しサービス向上に適用
  • 来店客を即座に認識し、客数や客層を計測することにより売場や販促の改善に適用
  • 来店状況やレジ前行列を把握し、レジ混雑を予測してレジオープンや要員の運用に適用

店舗管理、来店顧客の客層分析への適用

製品の品質&出荷検査への適用

  • 専門知識と経験が必要な外観等の目視検査の効率化、検査そのものの精度向上に適用
  • 製品の動作を画像判定するなど、製品検査の自動判別に適用
  • 製品の品番等を画像から判別、出荷データとの照合作業の工数削減やチェック漏れ防止に活用

製品の品質&出荷検査への適用

項目 LAN版 LTE版 無線LAN版
CPU Intel Atom® x7-E3950プロセッサー(4コア/1.6GHz)
メモリー DDR3L 4GB
ストレージ 32GB(eMMC)/SDXC(UHS-I)×1
有線ネットワーク 1000BASE-T×2(通信用×1、保守用×1)
LTE LTE対応
無線LAN IEEE802.11b/a/g/n/ac 2×2対応
920MHz帯無線 SmartHop内蔵(MHシリーズまたはSRシリーズ)(※1)(※2)
USB USB2.0×2
シリアル RS-232C(D-sub 9pin)×1/RS-485×1
接点 入力×1、出力×1
AIアクセラレーター インテル® Movidius™ Myriad™ X VPU(2チップ)(※1)
温湿度動作条件 -20~60℃、10~90%RH(結露なきこと)(※3)
防水/防塵 IP40相当(※4)
セキュリティ TPM2.0搭載(※5)
電源 本体:DC12V/ACアダプター(※1):AC100V
サイズ W250×D156×H47.5mm(放熱フィン(※1)、アンテナ(※1)、ねじ等突起部含まず)
質量 1.5Kg(放熱フィン(※1)、アンテナ(※1)等含まず)
認定取得 電波法、電気通信事業法
OS Yocto Linux 2.5.1
  • ※1 工場出荷オプション。ご注文時にオプションをご指定ください。
  • ※2 920MHz帯(922.3~928.1MHz) IEEE 802.15.4g準拠/ARIB SRD-T108準拠
  • ※3 オプション非搭載時。オプションの搭載条件により異なります。
  • ※4 JIS C 0920で規定された防水・防塵についての保護等級
  • ※5 TCG(Trusted Computing Group)で定義されたセキュリティの仕様に準拠したセキュリティチップ(TPM:Trusted Platform Module)
  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ