• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:ホーム > 「ワイヤレスジャパン2019/ワイヤレスIoT EXPO 2019」に出展


「ワイヤレスジャパン2019/ワイヤレスIoT EXPO 2019」に出展

ワイヤレスジャパン 2019
ワイヤレスIoT EXPO 2019

2019.5.29 Wed - 31 Fri

「ワイヤレスジャパン2019/ワイヤレスIoT EXPO 2019」に出展

ロゴ

OKIは、2019年5月29日(水)~31日(金)に東京ビッグサイトで開催されるワイヤレスソリューションの専門展
「ワイヤレスジャパン2019/ワイヤレスIoT EXPO 2019」に出展します。

日時:2019年5月29日(水) - 31日(金) 10時~18時 ※最終日は17時まで
会場:東京ビッグサイト[ 西3・4ホール、会議棟 ]

基調講演・セミナー

5月30日(木)10時50分~11時30分

基調講演

ユースケースで探る5Gを活用した高度IoT社会の“リアル”

ユースケースで探る5Gを活用した高度IoT社会の“リアル”

5Gは、これから始まるIoTを基盤としたデジタル社会への実現プロセスにおいて、その真価を発揮していくことになります。OKIは、5GとIoTの連携をデジタルトランスフォーメーションの基盤技術と位置付け、具体的な適用方法の検討に着手しています。本講演ではOKIが描いている交通、建設/インフラ・防災、製造、金融・流通、海洋・音響といった分野でのユースケースを紹介しながら、高度IoT社会のリアルイメージに迫ってみたいと思います。

  • 会場:会議棟1階 レセプションホールB
  • 登壇者:経営基盤本部 イノベーション推進部
    部門長 藤原 雄彦

5月29日(水)14時30分~14時50分

セミナー〈 T1-2 〉枠

「車両周囲360°モニタリング フライングビュー」~5G時代のモビリティAIエッジを目指し~

「車両周囲360°モニタリング フライングビュー」~5G時代のモビリティAIエッジを目指し~

フライングビューは、移動体に取り付けた4台のカメラ映像をリアルタイムに合成し、シームレスで死角の無い、周囲360°の自由視点の俯瞰映像モニタリングを高画質・低消費電力で実現する映像合成技術です。5G時代に向けた様々な共創ユースケースを紹介します。

  • 会場:西3-4ホール内展示会場内セミナー会場6 ホール案内はこちら
  • 登壇者:統合営業本部IoTビジネス開発室
    シニアスペシャリスト 駒井 英敬

5月31日(金)14時00分~14時20分

セミナー〈 T3-2 〉枠

自営型無線ネットワークによる製造・社会インフラ市場のIoT事例

自営型無線ネットワークによる製造・社会インフラ市場のIoT事例

免許不要でIoTに適した920MHz帯無線による自営型無線ネットワークの特徴と製造業向け・社会インフラ向け市場のIoT導入事例をご紹介します。

  • 会場:西3-4ホール内展示会場内セミナー会場6 ホール案内はこちら
  • 登壇者:情報通信事業本部IoTプラットフォーム事業部
    スマートコミュニケーションシステム部 橋爪 洋

ワイヤレスジャパン2019サイトから事前登録をする

展示会来場事前登録はこちらから

  • 講演・セミナーはすべて無料です。
  • 事前登録を行っていただくことにより、優先的に入場いただけます。
  • 先着順のご案内となりますので満席の場合は立ち見になります。

展示ブース

高度IoT社会を実現するためのソリューション、ユースケースをご紹介します。
5G時代のサービスとして期待される新しい映像モニタリングをはじめ、AIを用いた異常検知、
自営IoTネットワークなどの事例をご覧いただけます。

フライングビュー

【技術出展】自由視点映像モニタリング「フライングビュー®」

視点を自由に変更し、リアルタイムにその俯瞰映像をご覧いただけるシステムです。車体に取り付けた4台のカメラ映像を、リアルタイムで360°シームレスに合成する最新の映像合成技術を使うことで、5Gを用いた遠隔操縦、遠隔作業支援に期待されています。展示では実例映像を交えて、様々なシーンをご紹介します。

自動運転への取り組み

【技術出展】自動運転/Connected Carへの取り組み

5G活用サービスの代表として位置づけられる自動運転。ITSで多くの実績を持つOKIの自動運転への取り組みを、実証実験の映像と、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/総務省事業実施内容を例にご紹介します。

LocoMobi®2.0

「LocoMobi®2.0」運行管理支援サービス

本サービスは、ETC2.0車載器を使用することにより、専用車載器の購入と通信料金を必要とする従来の車両位置情報サービスの利用が難しかった物流事業者などに対して、低コストでの車両運行管理の提供を実現します。展示では仮想デモを通した運行管理の様子をご覧いただけます。

SmartHop

920MHz帯マルチホップ無線「SmartHop®」

920MHz帯を用いた免許不要で長距離伝送ができる自営IoTネットワークに最適な無線です。無線通信の信頼性を向上し、さまざまな場所でのセンサー情報の収集や機器制御にご利用いただけます。製造向けのマルチベンダーIoT、社会インフラ向けの無線加速度センサーシステムや、危険車両検知などのデモンストレーションをご覧いただけます。

ForeWave

波形解析AI 「ForeWave™」

製造や構造物の予防保全向け波形解析AIです。人間が五感(耳)で判別していた設備や構造物の状態検知を自動化し、労働生産性の向上に貢献できます。展示では、モーターの振動が正常から異常動作に変わったことをAIが判断する様子をご覧いただけます。

マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ

マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ

2020年のPHS、そして2024年にはISDN回線デジタル通信モードの終了が予定されています。音声IoTゲートウェイは固定網やPHSのアナログ回線インターフェースを搭載した既存の機器に変更を加えることなく、LTE回線を用いたIPネットワークへのマイグレーションを実現します。

AISION

映像IoTシステム「AISION®」

映像圧縮化技術と画像センシング技術を搭載した映像IoTシステムです。AI・アナリティクス技術の活用で、多彩な分野における業務改革を実現します。展示では、屋外道路でエッジ処理による車両認識の様子をご覧いただけます。

ホール案内

OKIブース 西4ホール 小間番号746

OKIブース 西4ホール 小間番号746 MAP

OKIのIoTの活用・導入に関するご相談は、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

All rights reserved, Copyright © 1995-2019 Oki Electric Industry Co., Ltd.