本文へ移動

企業情報

OKIのあゆみ

1881年(明治14年)創業、日本最初の通信機器メーカーであるOKI。140年にわたり「進取の精神」で技術力を培い、社会に貢献してきた当社のあゆみをご紹介します。

OKIのあゆみ

TOPIC: 創業者ゆかりのモールス電信機を東京農業大学「食と農」の博物館に展示

モールス電信機 複製機

明治政府において初代逓信大臣をつとめた榎本武揚は、幕末のオランダ留学中にモールス電信機を購入。明治維新の混乱の中で行方不明となったこの電信機を偶然入手し、榎本との再会につなげたのが、OKIの創業者 沖牙太郎でした。

2001年、OKIの技術陣は創業120周年を記念して、今日の情報通信の原点ともいえるこの電信機の複製に挑戦。当時と同様に動作する複製機を完成させ、その経緯を技術広報誌「OKIテクニカルレビュー」に論文として掲載しました。

そして創業140周年を迎えた2021年。この論文がきっかけとなり、榎本武揚を学祖とし、開学130周年を迎える東京農業大学からOKIにお問い合わせが入りました。「この複製機はいま、どちらにあるのでしょう?」

榎本武揚と沖牙太郎の縁につながるモールス電信機の複製機は現在、東京農業大学「食と農」の博物館において、同大学創立130周年記念特別展「学祖群像―豊かさをつなぐ」に出展されています。(2021年9月~2022年9月)

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ