本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年11月17日

「社会課題を解決するOKIのDXソリューション」を特集した技術広報誌を発行

成長戦略達成に向けたDXによる事業拡大の取り組みを紹介


「OKIの成長戦略」
(本特集 巻頭言より)

OKIは本日、技術広報誌「OKIテクニカルレビュー(注1)」238号を発行しました。今回の特集テーマは「社会課題を解決するOKIのDXソリューション」です。OKIグループが、強みであるAIエッジ技術とモノづくりを活かし、ターゲットとする7つの社会課題(老朽化問題、自然災害、交通問題、環境問題、労働力不足、労働生産性、感染症拡大)の解決に向けてお客様やパートナーとの協働・共創で取り組む、さまざまなDXソリューションを紹介しています。本誌は、当社ウェブサイト(https://www.oki.com/jp/otr/)にも掲載しています。

OKIは2021年7月、経済産業省が定めるDX認定事業者に認定されました。Society5.0時代に向け新たな成長を実現する「DX-Ready」な企業として、「社会の大丈夫をつくっていく。」をキーメッセージとした「中期経営計画2022」に掲げた成長戦略を達成するため、グループを挙げたデジタル変革に取り組み、社会課題の解決に貢献するDXソリューションの社会実装を加速しています。今回の特集では、パブリックソリューション領域、およびエンタープライズソリューション領域における具体的なDXソリューションや取り組み事例とともに、これらを支える特長ある技術をご紹介します。

「OKIテクニカルレビュー」238号 目次

  • 巻頭言

    社会課題を解決するOKIのDXソリューション特集に寄せて(OKI執行役員 田中 信一)

  • 総合報告

    DXによる事業拡大に向けた取組み

  • パブリックソリューション
    • 『フライングビュー®』~人の目とAIの目で見たいものを見逃さないリアルタイムリモートモニタリングシステム~
    • 複数センサー連携による広域現場監視ソリューション~AIエッジで作業現場の安全監視を実現~
    • ため池監視システム
    • 無線・電池駆動の省電力構造物モニタリングシステムと光ファイバーセンシングの長期安定動作フィールド実証実験
    • 交通需要制御の取組み
    • AISION®車両センシング~安全・安心な車流管理の実現へ向けて~
    • 海洋開発の可能性を広げる水中音響通信
    • 干渉型光ファイバーセンサー技術を用いた海洋モニタリングの構想検討
    • 電波干渉回避機能をもつドローン通信システム
  • エンタープライズソリューション
    • 本庄工場でのローカル5GのPoC検証
    • 作業内容や作業手順の正しさを判定する行為判定システム
    • インフラ設備の点検作業をDX化するスマート保安ソリューション
  • ソリューションを支える技術
    • スマートレコメンド技術による提案型注文システム
    • エリア収音マイク~雑踏や生活音のある環境で話者音声のみの収音~
    • FPGAとPCASによるモデル軽量化を利用したAIアクセラレーション

用語解説

  • 注1:OKIテクニカルレビュー

    OKIグループの技術開発の成果や最新の商品について、より分かりやすくお伝えすることを目的に、年2回発行している技術広報誌。1934年1月に「沖電気時報」として創刊され、今日に至る。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • フライングビューは、沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • AISIONは、沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ