本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年3月18日

加速するコンタクトセンターのDXを実現する「CTstage 7DX™」を販売開始

国内実績No.1のCTstage®の最新機能をオンプレミス版で提供

OKIは、コンタクトセンターシステムで国内シェアNo.1(注1)を誇る「CTstage®」の最新モデル「CTstage 7DX™(シーティーステージ セブンディーエックス)」の販売を本日開始します。CTstage 7DXは、販売開始以来、25年間CTstageが培ってきた豊富な機能とサポートサービスに加え、コンタクトセンターのDXを実現する新機能を搭載し、お客さまの行動様式の変化に対応した「ボイス(音声)/ノンボイス(非音声)統合機能」を備えた新しいコンタクトセンターを実現します。OKIは2020年10月に発表したCTstage Cloud™に続き、オンプレミス(自社運用)型のCTstage 7DXを提供することにより、コンタクトセンターのデジタルシフトを目指すお客さまのシステム化方針に柔軟に対応します。

OKIは、企業と消費者とのコミュニケーションスタイルのデジタル化や急激な行動様式の変化、さらには需要変動に伴うオペレーター配置・運用変更に柔軟かつ迅速に対応する本格的なコンタクトセンタークラウドサービスとして、CTstage Cloudの販売を開始しました。一方で、基幹となるシステムを自社運用とする考え方も広く定着しており、CTstageの最新機能のオンプレミス型での実現も強く望まれています。CTstage 7DXは、そのようなお客さまのご要望にお応えし、CTstage Cloudのすべての機能をオンプレミスでご提供します。

最大の特長であるボイス(音声)/ノンボイス(非音声)のシステムの統合に加え、事業者自身による各種の設定変更が可能で、需要の変動や取扱品目の変更、さらにはウィズコロナ対応もふまえたオペレーター拠点の分散化・在宅化など、事業環境の変化に対応した最適なコンタクトセンターの構築が可能です。また、最新機能を使いこなしていただくため、運用サポートサービス「トータルサポート」を強化し、従来の問い合わせ受付だけでなく、オンプレミス導入で課題となる保守運用を代行するリモートオペレーションサービスや、お客さまとともに運用改善を検討するプロアクティブサポートなどを提供します。これにより、お客さま企業のIT部門における負荷も低減します。

販売計画

標準価格
50席モデル 2500万円(税別)~
ハード(サーバー他)、ソフト込みの価格。
ネットワーク機器、設置工事および設定費用などは含まれません。
出荷時期
2021年4月20日
販売目標
今後3年間で2000セット

CTstage 7DXの特長

  • ボイス/ノンボイス統合機能:電話(ボイス)とチャット(ノンボイス)を、ルーティングから管理、統計に至るまで完全統合したコンタクトセンターをご提供
  • 高い自由度:センター運用に関するシステム設定変更を世の中の動向に柔軟に対応して事業者自身で実施可能
  • 充実した機能:25年間の実効性の高い機能の蓄積

用語解説

  • 注1:国内シェアNo.1

    IDC Japan,2020年7月「国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーティブワークスペース市場シェア、2019年:ベストオブリードベンダーの台頭」(JPJ45145220)

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • CTstageは、沖電気工業株式会社の日本および中国における登録商標です。
  • CTstage 7DXおよびCTstage 7DXのロゴは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • CTstage Cloudは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • CTのロゴは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューションシステム事業本部 IoTプラットフォーム事業部 コンタクトセンターシステム部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ