図面管理クラウドサービス TerioCloud

提供機能

図面閲覧

モバイル端末で高速表示

モバイル端末で高速表示

クラウドサーバー内のデジタル図面を最適化処理し、モバイルで高速表示します。他社製品にみられる大量のメモリー占有はありません。iPad、iPhoneでご利用いただけます。

縮尺指定表示と計測(特許取得済)

縮尺指定表示と計測

図面の縮尺通りにモバイル端末に表示し、アプリの内蔵スケールを使って計測する事ができます。また市販の三角スケールを使って直接計測する事もできます。

  • 図面の縮尺設定を行う事で正確な値を計測します。

通り芯表示機能

通り芯表示機能

図面に記された通り芯を任意の場所に表示する事ができます。図面の拡大・縮小に追従します。

メモ書き

メモ機能を使って分かりやすく情報を伝達

加筆機能

フリーハンド線・直線・マーカー・直線マーカー・矢印・枠・塗りつぶし(矩形・円形)・文字入力・吹き出し・チェックマーク(日付つき時間つき付加機能)・文字スタンプなど、直感的に操作可能なメモ機能と豊富な84色パレットを搭載。

図書(メモ書き付)やメモ書きの統合が可能

図面に書いたメモ書きや写真を複数端末で共有できます。また、複数人で書いたメモ書きを統合することができます。

図面の共有やメモ書きを統合

メモ書き更新時に特定者へメール通知可能

オンライン状態のモバイル端末から送信相手を選択し、図面に加筆更新した旨をサーバーからメールで通知できます。

カメラ

カメラ機能で写真データと図面をリンク

通り芯表示機能

図面内の任意の位置を指定してカメラ撮影する事で撮影画像と図面データをリンクする事ができます。写真の連続撮影も可能です。

国土交通省の基準に準拠(J-COMSIA:検定準備中)

  • 国土交通省「デジタル写真管理情報基準」

    写真の標準解像度をデジタル写真情報基準に対応しました。
    また従来の解像度で撮影する高圧縮モードとより鮮明な高解像度モードを選択可能です。

  • J-COMSIA「信憑性確認(改ざん検知)機能」(検定準備中)
  • J-COMSIA「デジタル工事写真の小黒板情報連携機能」(有償オプション)(検定準備中)

工事黒板付きカメラ機能(有償オプション)

TerioCloudは工事黒板を表示して写真を撮影することができます。

  • 工事黒板に記載する内容を入力して撮影します。
  • 一度入力した内容は簡単に履歴リストから選択して利用する事ができます。
  • 工事黒板の大きさや位置も自由に変更する事ができます。

CADデータ変換

CADデータから高精度なPDFを作成

高精細、高精度PDFを作成/ドラッグ&ドロップで簡単操作

CAD図面の紙出図ノウハウを活かし、紙図面と同等のクオリティでデジタル図面を作成します。

ほとんどのCADからPDFを作成

プリンターフォーマットであるHP-GLに対応しているので、ほとんどのCADからデジタル図面の作成が可能です。DWGやJWW、Tfas、RebroなどのCADデータからも直接変換できます。Microsoft OfficeやTIFFなどのイメージファイルも利用可能です。

  • 100枚/月までは無償、101枚/月から有償となります。

DWGの多彩な変換設定に対応

モデル空間、ペーパー空間、サイズ、線幅情報などきめ細やかな設定が可能です。CTBやフォント、外部参照ファイルは自動的に収集するので面倒な作業は不要です。

帳票出力

写真帳出力機能

モバイル端末で撮影した写真をExcel形式の写真帳としてPCから出力(保存)することができます。
必要な写真を選択してボタンを押すだけで簡単に保存することができます。

写真帳フォームに出力

報告書出力機能

モバイル端末で入力した検査記録をExcel形式の報告書としてPCから出力(保存)することができます。様々な検査などの帳票作成にご利用いただけます。

写真帳フォームに出力

写真帳・報告書インポート機能(有償オプション)

Excelで作成した写真帳・報告書フォームをTerioCloudクライアントに取り込む機能です。
モバイル端末で撮影した写真や入力した文字を、取り込んだフォームに合わせてExcel形式で出力する事ができます。

連携機能

RICOH THETA連携機能

TerioCloudとRICOH THETAを連携させることができます。連携することにより、全天球画像の撮影やTerioCloudへの取り込みができます。

RICOH THETA連携機能

  • RICOH THETA:株式会社リコーが提供する、全天球画像を撮影できる360°カメラ

Box連携機能(有償オプション)

図面のデジタル化・閲覧・加筆・管理を行うTerioCloudと、Box(コンテンツマネジメントサービス)を連携させることができます。本サービスを導入することにより、従来それぞれの現場や部門で日々行っていたファイルの登録や版数管理、利用者への通知などの業務から解放され、登録ミスや登録漏れの削減などの効果も期待できます。

Box連携サービスのイメージ
Box連携サービスのイメージ

  • Box:世界95,000社以上の企業が利用しているコンテンツマネジメントサービス

管理者機能

ユーザー・プロジェクト管理

  • ユーザーIDの作成や、利用統計を確認するユーザー管理機能
  • プロジェクトの作成や、プロジェクトへの参加ユーザーを関連付けるプロジェクト管理機能

権限管理

識別名 権限名称 機能
TS0 システム管理 全体のユーザー管理やプロジェクト管理を行うシステム管理者権限
TS0P プロジェクト管理 プロジェクト内でのユーザー管理やパートナーユーザー管理を行うプロジェクト管理者権限
TS0E 全加筆編集 他者の加筆した情報の編集ができる権限
TS1 図書登録 PCからクラウドへデータを登録・取り出しができる権限
TS2 閲覧・加筆 モバイル端末で閲覧し、加筆や写真撮影ができる権限
TS6 データ一括取り出し TerioCloudでご利用いただいた図書や写真をまとめて取り出す権限

フォルダーのアクセス制限

  • 個人フォルダー
    サインインした個人だけが利用できるフォルダーです。
  • 共有フォルダー
    プロジェクト内に参加しているユーザー同士がデータ共有できるフォルダーです。
  • アクセス権限付フォルダー(任意)
    アクセス権を設定できるフォルダーです。管理者(TS0、TS0P)がプロジェクト直下に作成できます。
  • データ保管フォルダー(任意)
    アクセス権が設定でき、オリジナルデータを保管することができます。管理者(TS0、TS0P)がプロジェクト直下に作成できます。
  • ゴミ箱フォルダー
    削除した図書はゴミ箱フォルダーに一時保存され、7日後に完全に削除します。

セキュリティ

セキュアな安心の運用環境

クラウドとはすべてSSL通信

TerioCloudでは、お客様のPCやお客様のiPadと通信を行う際、クラウドサーバー内のTerioCloudの出入り口となるWebサーバーと、お客様の端末との間で、直接SSL通信を行いますので、インターネット上でデータが漏えいすることはありません。
また、データは暗号化されて保存します。

専用URL認証機能(有償オプション)

接続するURLを企業(ドメイン)ごとに専用で設け、そのURLを各端末(PCおよびモバイル端末)に設定することにより、端末からサインインする際に、登録されたドメインとURLに合致するかで認証を行うことができます。認証の強化と不正アクセスを防止することができます。

モバイル端末のセキュリティ

TerioCloudへの図面登録やTerioCloudからのPDF取出しは、PCユーザーの 「図書登録権限」保持者に限定。iPadからは図面等のデータを抜き取る方法がなく、うっかりミスの図面漏えいリスクがありません。
PCでiTunesに接続しても見えず、メール添付で送り出すこともできない安心設計です。

Touch ID、Face IDに対応

TouchID、Face IDにも対応しており、強固な本人認証が可能で、セキュリティが強化できます。ID/パスワード管理の煩雑さも解消できます。

  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ