OKI Open up your dreams

次世代交通

ETC多目的利用サービスへの取り組み

これまでの取り組み

OKIは、2013年6月14日に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」のなかで示された「駐車場等、高速道路以外の施設でもETC等のITS技術が利用可能とする環境を整備し、利便性の向上を図る」という方針に基づき、中日本高速道路株式会社、ソニーペイメントサービス株式会社、株式会社メイテツコム、三菱プレシジョン株式会社、株式会社オリエントコーポレーションとともに、ETC多目的利用サービス(※)の実現に向けて検討を進めてきました。

  • 駐車場など高速道路以外の施設で、ETCなどのITS技術が利用可能となるサービス。


ETC多目的利用サービスのイメージ

この検討の中で、下表に示す複数の試行運用を実施し、技術検証やユーザーのニーズ調査を重ねてきました。

分野 期間 場所
駐車場 2017年10月2日~12月25日 新静岡セノバ駐車場(静岡市葵区)
2017年11月1日~12月25日 名鉄協商パーキング藤が丘effe(名古屋市名東区)
2018年2月1日~3月26日
カーフェリー 2018年2月1日~3月26日 川崎近海フェリー 八戸埠頭(青森県八戸市)
ドライブスルー 2020年8月3日~11月30日 ケンタッキーフライドチキン相模原中央店(相模原市中央区)

ケンタッキー様での試行運用のご紹介[2分42秒]

ETCソリューションズの設立と新サービス「ETCX」

ETCXロゴ

2019年11月11日には、「ETC多目的利用の利用に関する要綱」が定められ、ETC多目的利用サービスの提供が可能になりました。この制度制定を受け、OKIは、ソニーペイメントサービス株式会社、株式会社メイテツコムと共同で、2020年10月1日に「ETCソリューションズ株式会社」を設立しました。

OKIは、ETC多目的利用サービスに対応する無線機を提供する役割を担い、ETCソリューションズが提供する会員登録制のETC多目的利用サービス「ETCX」の実現への活動を支えていきます。

「ETCX」概要

ETCカードとクレジットカードを用いて、あらかじめ「ETCX」に会員登録を行ったのち、会員登録時に利用したETCカードを車載器に挿入することで、ETCX加盟店の施設で自動車に乗ったまま決済サービスをご利用いただくことができます。

民間への普及を目的としているため、高速道路で従来利用されている"ノンストップ走行"を前提にした仕組みではなく、"一旦停止"を前提とした仕組みである「ネットワーク型ETC」を採用することで、"低コスト"のシステム化を実現しています。


「ETCX」利用イメージ

  • ETCXおよびETCXロゴは、ETCソリューションズの商標です。
  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。
次世代交通に関するお問い合わせ先
お問い合わせフォーム

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ