OKI Open up your dreams

現在位置:Home > 商品・サービス > 次世代交通 > セルラーV2Xへの取り組み


次世代交通

セルラーV2Xへの取り組み 次世代交通セルラーV2Xへの取り組み

実証実験の概要

OKIは、3GPP(※1)が安全運転支援への適用を想定して規格化した通信技術「セルラーV2X(※2)」の実証実験を、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン株式会社、エリクソン、日産自動車株式会社、株式会社NTTドコモ、Qualcomm Technologies, Inc.と共同で進め、2018年12月に完了しました。

このなかでOKIは、交通インフラとして設置する路側機を構築し、基地局を介さない端末間の「直接通信技術」を提供し、V2I(※3)による各種アプリケーションの適用可能性を検証しました。この結果からOKIは、セルラーV2Xが、低遅延による緊急性を要する通信に適した「直接通信技術」と、広域での情報収集と配信に適した「LTE-A(※4)」を用いた通信の双方で互いの特性の補完が期待できることを確認できました。

OKIは、本実験で得られた知見を活かし、次世代ITSインフラの発展と、来たるべきConnected Car社会に必要となるシームレスなモバイルネットワークの実現に向け、V2Xネットワークの技術開発にさらに取り組んでいきます。


セルラーV2X実証実験のイメージ(直接通信)

  • ※1 3GPP(3rd Generation Partnership Project)
  • ※2 V2X(Vehicle to Everything)、車両とあらゆるものをつなぐ通信技術
  • ※3 V2I(Vehicle to Infrastructure)、交通インフラと車間の通信
  • ※4 LTE-A(LTE-Advanced)、LTEをベースに、より高速化・大容量化を実現する通信システム

ページの先頭へ

セルラーV2X共同実証実験 ご紹介映像[3分31秒]

ページの先頭へ



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ