OKI Open up your dreams

AIエッジコンピューティング

フィールド(エッジ領域)の課題をAIで解決する時代へ
より早く・より正確に、それが「リアルタイム-インテリジェンス」

AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト2021

「AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト」は、OKIのAIエッジコンピューター「AE2100」を使って、さまざまな業種における社会課題を解決するためのアイデアや技術を競うイベントです。

9月3日に、創意工夫を凝らした先進のAIソリューションが一堂に会し、オンライン上での予選会を開催しました。外部有識者も交えた厳正なる審査の結果、「Smart City」「Manufacturing」「Technology」の3分野から計10件のソリューションが本選進出を決めました。おめでとうございます!

本選出場企業、ソリューション一覧(9月3日の予選結果)

Smart City:4件

  • Intelligence Design株式会社「人物特徴量マッチングを用いたOD調査システム」
  • 東亜無線電機株式会社「非喫煙エリアでの喫煙者・ポイ捨て監視」
  • 株式会社ウォンツ「ユーティリティ供給設備の予知保全」
  • 株式会社コンピュータマインド「AIによる屋内人物の服装解析」

Manufacturing:3件

  • 株式会社ソルティスター(OKINAWA R&D)「エッジコンピューティング向けIoTミドルウェア"SpeeDBee Hive"」
  • 株式会社メトロ「複数アナログメーター一括データ化によるAI異常予測」
  • Hmcomm株式会社「異音検知ソリューション」

Technology:3件

  • 株式会社ウサギィ「視線シミュレーションAI」
  • 東海エレクトロニクス株式会社「"におい"の見える化による予防保全・見守り」
  • 株式会社BFビジネス・コンサルティング「スイングセンサーと姿勢推定技術を活用したAIコーチング」

特別審査員

  • テンソル・コンサルティング株式会社 代表取締役会長 藤本 浩司 氏
  • 国立大学法人名古屋工業大学 准教授 大塚 孝信 氏
  • 中央大学研究開発機構教授 AI・データサイエンス社会実装ラボ 石橋 雄一 氏

コンテストの流れ

開催概要

名称 AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト2021
日時 予選:2021年9月3日(金) 13時30分~17時00分【終了】
本選:2021年12月15日(水)
場所 予選:オンライン【終了】
本選:東京ポートシティ竹芝 ポートホール(予定)
選考方法 予選:応募書類と予選当日のプレゼンテーションによる審査【終了】
本選:実機によるデモンストレーションとプレゼンテーションを参加者が審査(投票)
賞金、副賞
  • 1位 200万円、2位 100万円、3位 50万円
  • 専門メディアによる取材と記事掲載、その他プロモーション協力
応募要件(抜粋)
  • OKIグループAI原則に則ったもの
  • 当社製品AE2100の実機上で、画像、音響、振動などのセンサーデータや取得済みのデータに何らかのAI処理を施して、識別や予測などを実行するもの
応募方法 ご応募は2021年8月20日(金)で締め切りました
主催 沖電気工業株式会社

予選アジェンダ(2021年9月3日開催)

時間 内容
13時30分~
開会のご挨拶
OKI 専務取締役執行役員 ソリューションシステム事業本部 本部長
坪井 正志
13時40分~
基調講演「IoT活用のためのエッジ処理と応用例」
国立大学法人 名古屋工業大学 准教授
大塚 孝信氏
14時00分~
ソリューションコンテストのご説明
AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト事務局
14時15分~
応募ソリューションのプレゼンテーション
3会場 各社10分
詳細はイベントWebシステム「EventHub」のスケジュールへ、9月1日頃に掲載予定です。
16時40分~
開会のご挨拶
OKI ソリューションシステム事業本部 IoTプラットフォーム事業部 事業部長
西田 慎一郎

参考情報


2020年コンテストの表彰式の様子

  • イベント内容は予告なく変更する場合がございます。
  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ