本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年11月10日

熊本県人吉球磨地方の復興支援活動を実施

「令和2年7月豪雨」から1年、「OKI人吉・球磨Rebornプロジェクト」で地域再生を支援


球磨焼酎蔵元でのボランティア活動

OKIはこのたび、地域貢献活動の一環として「令和2年7月豪雨」で被災した熊本県人吉球磨地方の復興を支援する「OKI人吉・球磨Reborn(リボーン)プロジェクト」を実施しました。地元の球磨焼酎の蔵元が共同で販売している「Reborn」ラベルをつけた「復興支援焼酎」1,000本を購入するとともに、OKI社員が蔵元を訪問して、ラベル貼りや清掃などのボランティア活動を行ったものです。購入した焼酎はOKIのイベントなどで活用し、売り上げの一部は球磨焼酎酒造組合および人吉球磨観光地域づくり協議会を通じて被災業者の支援に充てられます。


OKI社員がラベル貼りをした復興支援焼酎

球磨焼酎の故郷である人吉球磨地方は、大雨によって球磨川が氾濫し、甚大な被害を受けました。また、焼酎の蔵元は新型コロナウイルスの感染拡大防止のための飲食店営業自粛により大きな影響を受けています。OKIは人吉球磨地方の地域再生を目指す姿に賛同するとともに、「相良700年が生んだ保守と進取の文化」と言われるこの地方の文化が、自社が企業理念に謳う「進取の精神」とも相通ずると考え、このたび復興支援を行いました。


活動紹介動画(OKI公式YouTube)

なおOKIは、現在の人吉球磨地方の復興再生を目指す姿を多くの方に知っていただき、支援の輪が広がることを目指し、今回の活動を紹介する動画を制作して、OKI公式YouTubeで公開しました。動画には案内役としてOKIバーチャルキャラクターの「緒希ツナグ」が登場し、人吉球磨地方の復興に向けた取り組み、およびOKI社員による焼酎蔵元でのボランティア活動を紹介しています。


本活動に対して、球磨焼酎蔵元の合資会社大和一酒造元様よりメッセージをいただいています。

「OKI 人吉・球磨プロジェクト」の取り組みについて本当に感謝しています。昨年の豪雨被害は3メートルを超える浸水で予想をはるかに超え、私たちはただ茫然と逃げるしかありませんでした。亡くなられた方もたくさんいらっしゃる中、命があるだけ前に進めるそんな幸運を感じながら、頑張っているところです。このようなプロジェクトを通じて、周りの方からご支援いただいている気持ちを受け止め、前に進むエネルギーにさせていただきます。

合資会社大和一酒造元 代表社員 下田文仁

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
統合営業本部 企画管理部 営業企画部
電話:03-5635-8037
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ