本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年10月13日

沖電気工業株式会社
矢口港湾建設株式会社
増毛漁業協同組合

OKI・矢口港湾建設・増毛漁協、運用中の「密漁監視ソリューション」で密漁の未然防止に成功

北海道増毛郡増毛町の実海域で、密漁船や不審なダイバーを24時間監視・検知


実運用デモ(21年8月)の様子

沖電気工業株式会社(以下、OKI)、矢口港湾建設株式会社(以下、矢口港湾建設)、増毛漁業協同組合(以下、増毛漁協)は、2020年8月から北海道増毛郡増毛町の実海域で運用しているOKIの「密漁監視ソリューション(注1)」により、このほど密漁の未然防止に成功しました。あわせて、「密漁監視ソリューション」が実海域での長期的な運用において安定的な動作を確保できることを確認しました。

近年、アワビやナマコなどの高級食材を狙う組織的な密漁が横行し、被害額は年々増加しています。監視カメラや人手によるパトロールなどでは人件費や装置コストの負担が大きく、特に夜間の無灯火船や水中のダイバーを監視し不審者を発見するのは難しいのが現状です。

OKI、矢口港湾建設、増毛漁協は、この課題に対し、OKIの水中音響センサーを用いた「密漁監視ソリューション」による密漁監視の試験導入を2018年に実施し、その結果に基づいて、2020年8月に実海域における本格運用を開始しました。2021年7月にはシステムからの不審音検知情報に基づいて増毛漁協および留萌警察署が見回りを行った結果、不審者と不審船を発見し、該海域での密漁被害を未然に防ぐ成果をあげています。また、同ソリューションの各装置が厳しい海洋環境下での長期的な運用に耐えるかの観点で検証した結果、水中生物などによる汚染への耐久性や太陽光発電の活用により、長期的な運用でも安定的な動作を確保できることが確認されました。

「密漁監視ソリューション」は、OKIが長年培ってきた水中音響センシング技術を活用し、昼夜を問わず密漁船や水中の不審なダイバーを監視し検知することで、密漁の未然防止や密漁監視人員の省人化などを可能とします。OKIは今後も、運用により蓄積されたデータ、ノウハウを活用し、関係機関から寄せられるさまざまな要望に応え、同ソリューションの継続的な機能向上をはかっていきます。

各社の概要

沖電気工業株式会社
所在地
東京都港区虎ノ門1丁目7番12号
設立年
1949年
代表取締役社長
鎌上 信也
事業内容
情報通信、メカトロシステム、EMS、プリンターなどの各分野における製造・販売およびこれらに関するシステムの構築・ソリューションの提供、工事・保守・その他サービスなど
矢口港湾建設株式会社
所在地
北海道北斗市七重浜7目10番8号
設立年
1989年
代表取締役会長
矢口 政則
事業内容
水産港湾土木・建築及び設備事業、とび・コンクリート工事など
増毛漁業協同組合
所在地
北海道増毛郡増毛町港町46番地2
設立年
1949年
代表者
西野 憲一
事業内容
漁業協同組合

用語解説

  • 注1:密漁監視ソリューション

    OKIが長年培ってきた水中音響センシング技術を活用した密漁を検知するシステム。

  • 1.水中音響センサーが、水中の音を集めてクラウドサーバーへ送信
  • 2.クラウドサーバーで水中の音を分析、不審な音を検知すると登録通知先へメールを送信
  • 3.通知先は任意で設定可能で、関係機関との情報共有や連携も可能
  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
沖電気工業株式会社 広報部
電話:03-3501-3835
お問い合わせフォーム
矢口港湾建設株式会社 企画開発室
電話:0138-49-1840
増毛漁業協同組合
電話:0164-53-1555
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
沖電気工業株式会社 ソリューションシステム事業本部 社会インフラソリューション事業部 ビジネス開発部
電話:03-5635-8143
矢口港湾建設株式会社 企画開発室
電話:070-2001-1947
増毛漁業協同組合
電話:0164-53-1555
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ