本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年7月13日

株式会社沖ワークウェル
沖電気工業株式会社

広島県の特別支援学校で初の遠隔職場実習を実施

企業実習が困難な生徒がテレワークを体験


遠隔職場実習の様子

OKIグループの特例子会社(注1)であるOKIワークウェル(社長:堀口 明子、本社:東京都港区、以下 OWW)は、6月28日から30日の3日間、広島県立広島特別支援学校(校長:大元 みどり、所在地:広島市)において、高等部2年生1名を対象にテレワークを体験する遠隔職場実習を実施しました。これは、OWWが同校から「企業に出社する形での職場実習が難しい生徒に、何か良い方法を提案してもらえないか」とのご相談を受けて実施したものです。自らも重度障がいがあり、東京都内で在宅勤務をするOWWの社員が講師となって、講師の自宅と同校をネットワークで結び、在宅勤務をする上で最も重要なコミュニケーション能力とビジネス文書作成技術などについて、自らの体験や経験とともに、実習を交えながら指導しました。

OWWが提供する実習の特長は、生徒が企業に出向くことなく学校に居ながら、遠隔にいる講師とコミュニケーションをとり、テレワークで働く体験ができることです。今回の実習では、生徒と講師がコミュニケーションをとりながら、案内文の作成と請求書の作成を行いました。はじめてビジネス文書を作る生徒に対し、講師は「文書を簡潔にし、ビジネスマナーに則った表現で、いかに読み手に不快にならない表現をするかが、ビジネス文書を作る上で重要」などのポイントを伝えました。3日間の実習により、生徒は人とのかかわり方の楽しさと難しさを体験し、最終日には「ここが難しいので、もっと質問してみよう」「なんて言ったら伝わるかな? えーっと…」など、初日とは見違えるように生き生きと実習を楽しむ様子が見られました。

OWWでは、全国22都道府県に58名の通勤困難な重度障がい者が在宅勤務しています。障がい者の在宅雇用の経験を学校教育に活かす取り組みとして、全国各地の特別支援学校に遠隔職場実習の場を提供しており、2004年からの継続的な取り組みにより、遠隔職場実習の参加者は延べ230名を超えています。今後も、国連が定めたSDGsの目標4「質の高い教育をみんなに」の実現に向け、子どもたちの勤労観・職業観を育成するキャリア教育への支援活動を続けていきます。

用語解説

  • 注1:特例子会社

    「障害者の雇用の促進等に関する法律」に定める、障がい者の雇用に特別の配慮をした子会社。

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKI、株式会社沖ワークウェルは通称をOKIワークウェルとします。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIワークウェル
電話:03-5445-6805
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ