本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年5月20日

「OKIのモノづくり」を特集した技術広報誌を発行

「社会の大丈夫」を実現する、特長あるモノづくりの取り組みを紹介

OKIは本日、技術広報誌「OKIテクニカルレビュー(注1)」237号を発行しました。今回の特集テーマは「OKIのモノづくり」です。「中期経営計画2022」の柱の一つである「モノづくり基盤の強化」の源泉となる人財を育成するための取り組みや、設計・製造・試験環境における強い技術、さらにはこれら技術をグループ全体で活用するための取り組みなどを、論文形式で紹介しています。本誌は、当社ウェブサイトにも掲載しています。(https://www.oki.com/jp/otr/

OKIは2020年10月、「社会の大丈夫をつくっていく。」をキーメッセージとした2022年度までの中期経営計画「中期経営計画2022」を発表しました。創業以来、ミッションクリティカルなシステムをお客様に提供することを価値とし、社会生活に欠かせない商品の開発・提供を通して「社会の大丈夫」をつくってきた企業として、これからも社会インフラの維持・発展に貢献し、「“モノづくり・コトづくり”を通して、より安全で便利な社会インフラを支える企業グループ」を目指します。今回の特集では、この目指す姿に向けてOKIが取り組む「モノづくり」をご紹介します。

巻頭言では、常務執行役員の齋藤政利が、OKIならではの高い競争力を持つ製造技術などを活かした「モノゴトづくり」による付加価値創出、パートナーとの共創やモノづくり総合サービスなどによるビジネスシフト、さらには、「ポータビリティー」「スマート工場」「システム統合」をコンセプトとしたモノづくり現場活性化の取り組みなどについて語っています。


「モノづくり現場活性化への取組み」
(巻頭言「OKIのモノづくり特集に寄せて」より)

本誌の目次は以下のとおりです。

  • 巻頭言

    OKIのモノづくり特集に寄せて
    (OKI 常務執行役員 齋藤 政利)

  • 総合報告

    OKIのモノづくり基盤強化

  • 取組み
    • バーチャルOneFactoryを実現するためのエレキおよびメカ設計環境統一
    • 製品情報管理(PDM)/部品技術情報(PIE)システムの全社統合
    • 製品化学システムの統一
      ~誰でもどこでも順法性を確保できる仕組みを目指して~
    • ハードウエア技術者の人財スキルマップによる「技術の見える化」
    • AI・データサイエンス社会実装ラボ ~人財育成と社会実装を加速~
  • 新技術・新商品
    • 多品種少量生産向け協働ロボットシステム
    • ロボットハンド/マニピュレータ―用小型高トルクモーター
    • 金属面の高精度加工を実現する放電加工機用電極線
    • 不揮発性メモリーの最適評価 ~JESD219AのSDカードへの適用事例~
    • 屋外向け高耐環境性筐体
    • 製造現場の省人化・自動化を実現する映像AIソリューション
    • 生産性向上を支援するデジタルツインXR
    • シリコンフォトニクス技術と光バイオセンサーへの展開
    • ゼロエナジーゲートウェイ
      ~太陽光発電駆動のIoTゲートウェイでインフラ監視の導入を容易化~

用語解説

  • 注1:OKIテクニカルレビュー

    OKIグループの技術開発の成果や最新の商品について、より分かりやすくお伝えすることを目的に、年2回発行している技術広報誌。1934年1月に「沖電気時報」として創刊され、今日に至る。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ