本文へ移動

OKI Open up your dreams

プレスリリース

2021年2月15日

デジタル図面の活用とデータ管理を統合する「TerioCloud® Box連携サービス」を提供開始

現場で利用するモバイル図面データの一元管理を実現

OKIは、デジタル図面活用のクラウドサービス「TerioCloud®」の新商品として、「TerioCloud® Box連携サービス」の提供を本日より開始しました。図面のデジタル化・閲覧・加筆・管理を行うTerioCloudと、米国Box Inc.が提供するBoxを連携させることにより、建設現場などにおけるモバイル端末でのデジタル図面利活用とそのデータの企業内での一元管理を可能とし、図面を利用、管理する幅広い業務の効率化を実現します。

TerioCloudは、建設業や設備工事業をはじめとするさまざまな企業の図面を扱う現場から紙図面をなくし、タブレット端末でデジタル化された図面の共有をすることで、現場の働き方を改革するデジタル変革ソリューションとして、大手総合建設会社をはじめ製造、設備管理など各業界のお客様にご利用いただいています。一方、こうした企業には各所で頻繁に変更、登録などが発生する大量の図面を含む各種デジタルコンテンツを社内で一元管理し、業務の効率化を図りたいというニーズがあります。そこでOKIは、クラウドコンテンツ管理サービスとして多くの企業が利用するBoxサービスとTerioCloudの間で、データを相互に同期して一元的に利用・管理できる連携サービスを開始しました。

本サービスでは、TerioCloud上のファイルを自動的にBoxに反映するとともに、Box上のファイルを自動的にTerioCloudに反映します。またTerioCloudへの反映にあたり、Box上のCADファイル(注1)を加筆情報の付加が可能なPDFに変換します。反映の対象となるファイルやその属性、反映のタイミングなどはお客様が指定でき、管理者による各種設定やエラー通知などの機能も備えています。本サービスを導入することにより、お客様は従来それぞれの現場や部門で日々行っていたファイルの登録や版数管理、利用者への通知などの業務から解放され、登録ミスや登録漏れの削減などの効果も期待できます。

OKIは、今後も継続的にTerioCloudの機能強化、サービス改善を行うとともに、パートナー企業との連携によってソリューションを拡大し、お客様のDXに貢献してまいります。

本発表に対して、株式会社Box Japan様より賛同のメッセージをいただいています。

「TerioCloud Box連携サービス」の発表を歓迎いたします。このサービスは、建設業をはじめ図面を利用する業界・業務での改革を強力に後押しし、クラウドを活用した新しいワークスタイルを実現するソリューションになると期待しています。今後も日本のデジタルトランスフォーメーション(DX)をさらに推進させ、両社での協業を進めてまいりたいと思います。

株式会社Box Japan 代表取締役社長 古市 克典

販売計画

標準価格
個別見積
提供開始
2021年2月
販売目標
TerioCloud全体として今後3年間で10億円

サービス提供イメージ

用語解説

  • 注1:CAD

    コンピューターによる設計支援ツール

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • TerioCloudおよびTerioCloudのロゴは、沖電気工業株式会社の日本における登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名、ロゴは一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
お問い合わせフォーム
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューションシステム事業本部 IoTプラットフォーム事業部
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ