OKI Open up your dreams

技術広報誌 OKIテクニカルレビュー

2019年No.234 AIエッジコンピューティングが拓く高度IoT社会

巻頭言

AIエッジコンピューティングが拓く高度IoT社会特集に寄せて [1.2MB]PDF
Foreward for Special Issue on "Advanced IoT Society Pioneered by AI Edge Computing"

坪井 正志

ページの先頭へ

招待論文

AIエッジコンピューティングへの期待と展望 [969KB]PDF
AI Edge Computing:Envisioning its Trend and Future

東京工業大学 科学技術創成研究院 教授 本村 真人

情報処理システムは、時代とともに中央集権と分散処理の間を揺れ動きながら発展してきた。本稿では、そのような視点から、AIエッジコンピューティングに対する期待と今後の展望を述べる。

ページの先頭へ

総合報告

AIエッジコンピューターで実現する高度IoT社会 [2.4MB]PDF
Realizing Advanced IoT Society with AI Edge Computers

西田 慎一郎

OKIが目指す高度IoT社会の姿とそれを具体的に実現していくため、市場に投入したAIエッジコンピューター「AE2100」による共創パートナーとのエコシステム構築の方向性および注力分野での活用事例を示す。

ページの先頭へ

取組み

OKIグループAI原則 [651KB]PDF
OKI Group AI Principles

竹内 晃一・伊加田 恵志

AIに関するすべてのOKIグループ企業活動の指針「OKIグループAI原則」を公表した。本稿ではその制定の背景・位置付けと狙いや制定プロセス、さらに各原則に込めた意味や思いを述べ、今後の展望を解説する。

ページの先頭へ

新技術・新商品

高速ディープラーニング推論処理をエッジで実現するAIエッジコンピューター「AE2100」 [1MB]PDF
Realizing High-Speed Deep Learning Inference with AI Edge Computer "AE2100"

島田 貴光

AIによるリアルタイムなデータ活用がクラウドからエッジ領域にシフトしている。本稿ではOKIがエッジ領域向けに新たに商品化したAIエッジコンピューター「AE2100」の製品コンセプト、ハードウェアおよびAI機能を実現するソフトウェアの特長などを紹介する。

関連商品/技術サイトページ

ページの先頭へ

AI交通量計測技術 [934KB]PDF
AI-based Traffic Counter

塚本 明利・渡辺 孝光・磯部 翔

近年のディープラーニング(深層学習)に代表されるAI映像解析の進展により、交差点などでの複雑な交通状況にも対応できるようになってきた。本稿ではOKIが開発した、AIによる映像解析を応用した交通量計測技術および交通量計測システムへの搭載事例を紹介する。

ページの先頭へ

高速なエッジコンピューティングを実現する波形解析アプリケーション「ForeWave™ for AE2100」 [1MB]PDF
High-speed Edge Computing Waveform Analysis Application "ForeWave™ for AE2100"

伊藤 航介・永井 博

国内製造業では人手不足が深刻化し、製造設備保全の省力化への対策としてIoTやAIを用いた予知保全が注目されている。本稿では、予知保全実現のため設備の状態を現場(エッジ)でリアルタイムに解析する「ForeWave for AE2100」を紹介する。

関連商品/技術サイトページ

ページの先頭へ

AI解析技術を用いた製造設備状態見える化ソリューション~振動波形解析アルゴリズム「ForeWave™」~ [995KB]PDF
Visualization Solution for Manufacturing Equipment using AI Analytics Technology - Vibration Analysis Algorism "ForeWave™"-

加部 隆久・林 育実

工場内の製造設備の見える化を目的とし、現場データ収集と設備保の効率を改善するため、異常・予兆検知のニーズが拡大している。本稿ではOKI独自の振動波形解析アルゴリズム「ForeWave」を活用した設備異常検知ソリューションおよびその導入から運用時までのモデル再生成方法もシナリオ例を用いて紹介する。

ページの先頭へ

AIエッジコンピューティングによる光ファイバーセンサー活用IoTシステム [943KB]PDF
Optical Fiber Sensing IoT System using AI-Edge Computing

山口 德郎・柚江 政志

インフラモンタリングでの光ファイバーセンサーの活用が進められている。本稿では、光ファイバーセンサーを活用するIoTシステムと「AE2100」との組合せで実現するAIエッジコンピューティングを適用した温度/歪み監視ソリューションの事例を紹介する。

ページの先頭へ

光ファイバーセンサーを用いた鉄筋コンクリート橋梁のヘルスモニタリング [1.5MB]PDF
Structural Health Monitoring of Reinforced Concrete Slab Bridges Employing Fiber-Optic Sensors

羽田 匡彦・浅林 一成・小泉 健吾・村井 仁

社会インフラ構造物を健全に保つためにモニタリング技術開発が喫緊の課題となっている。本稿では、橋梁ヘルスモニタリングに必要な要件を示し、それに向けた光ファイバーセンサーの性能向上への取組みを紹介する。

ページの先頭へ

多点型レーザードップラー振動計 [1.1MB]PDF
Multi-Point Laser Doppler Vibrometer

木村 広太・藤井 亮浩・村井 仁

生産現場の稼働率向上のため、機器の故障を未然に防ぎたいというニーズがある。本稿では、この解決策の一つとして開発した多点型レーザードップラー振動計の開発状況、応用事例を紹介する。

ページの先頭へ

金融機関向け振込依頼書エントリー自動化ソリューション「EntrySmart」 [593KB]PDF
Transfer Request Entry Automation Solution "EntrySmart" for Financial Institutions

松本 圭介

金融機関の振込依頼書エントリー業務では、繁忙日の要員確保が課題であり、さらに業務の効率化が求められている。本稿では振込依頼書エントリーの一部を自動化する「EntrySmart」を紹介する。

ページの先頭へ

セルフ操作型軽量化現金処理機「SmartCashStation」 [1.2MB]PDF
Customer-operated Light-weight Cash Machine "SmartCashStation"

山崎 雅文

金融機関実店舗、特に無人運用店舗の窓口にATMを配備することは機能的にオーバースペックかつ高価であり、事務・設備コストが課題となっている。本稿では、タブレットなどから操作可能な現金授受のみに機能を絞り軽量化した現金処理機「SmartCashStation」を紹介する。

ページの先頭へ

自動運転向け道路インフラシステムの運用効果測定シミュレーター [832KB]PDF
Simulator to Measure Operational Effect of Road Infrasturcture System for Automated Driving

菊池 典恭・矢野 貴大・中林 昭一・浜口 雅春

自動運転車の円滑な走行を支援するために実用化が期待される道路インフラシステム(路側センサー、路車間通信装置など)の設置条件の検討および運用効果の測定を目的に開発したシミュレーターを紹介する。

ページの先頭へ

健康行動変容技術とその応用 [755KB]PDF
Health Behavior Change Technology and Applications

櫻田 孔司・谷口 匡之・坪田 東

行動科学とAI技術を組み合わせ、健康行動を望ましい方向に変容させる行動変容技術を紹介する。特に、リアルタイムに介入情報を通知するプロンプト技術の有効性に関する実験結果およびその応用分野を紹介する。

ページの先頭へ

保守サービスの高度化で機器の高稼働化と運用最適を実現 [756KB]PDF
Achieving High Equipment Availability and Optimal Operation through Advanced Maintenance Services

増田 重人・竹中 和人

保守サービスの高度化とビジネスモデルの変革が、これから起こるパラダイムシフトの備えになることを示すと共に、OXTがマルチベンダー向けに提供を予定しているHAサービスと、それを支えるサービス提供基盤(OCEANS)を紹介する。

ページの先頭へ

新商品概要/トピックス

新商品概要/トピックス [1.8MB]PDF

ページの先頭へ

開発の現場から

AIエッジコンピューティングの可能性を拓く。[1.4MB]PDF

OKI
情報通信事業本部 AIプラットフォーム事業部 スマートコミュニケーションシステム部
島田 貴光

ページの先頭へ

Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ