OKI Open up your dreams

イベント&セミナー

メンテナンスレジリエンスOSAKA 2021に出展

作業現場の安全管理、インフラ維持管理の効率化を実現

OKIは、生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品・技術・サービスを一堂に会する「メンテナンスレジリエンスOSAKA 2021 」に出展します。

メンテナンスレジリエンスOSAKA 2021

日本各地でインフラの老朽化が問題となっている中、OKIは「社会の大丈夫をつくっていく。」をキーメッセージにデジタルトランスフォーメーション(DX)による維持管理業務の効率化に取り組んでいます。本展示会では、OKIが得意とするセンシングやAI、IoTネットワークを活用したDXソリューションをご紹介します。

開催概要

名称
メンテナンスレジリエンスOSAKA 2021
併設展
生産システム見える化展、自動化・省人化ロボット展
日時
インテックス大阪:2021年7月14日(水)~16日(金) 10時~17時
オンライン:2021年5月12日(水)~7月30日(金)
場所
インテックス大阪6号館
主催
一般社団法人 日本能率協会

特別講演

IoTやAIによる作業現場/インフラ維持管理業務DX化のすすめ

7月16日(金)13時30分~14時10分
OKI ソリューションシステム事業本部 社会インフラソリューション事業部
ビジネス開発部・シニアスペシャリスト
筒井 英夫

さまざまな現場において、人による作業をいかに正確に効率的に行うかは、多くの企業が抱える課題だと思います。AIが発達してきた今日、人から機械への置き換えが議論されることも増えてきました。

しかし、実際の現場で置き換えが可能な場所は限定的であることは、多くの方が感じるところであると思います。OKIは人と技術とが支援し合うことで、最適な効率化が図れると考えています。講演ではさまざまな分野での事例を交えながら、DX化について考えてみたいと思います。

展示内容

インフラ状態の見える化
インフラモニタリングの導入事例

老朽化が進むインフラの見える化、管理業務効率化の取り組みを行っている先進事例をご紹介します。

老朽化インフラ管理を支援
IoT無線を活用した電源・配線不要のインフラモニタリングシステム

太陽光により電源を必要としないセンシングとIoTネットワークを使ったインフラ監視ソリューションのご紹介をします。

広範囲の歪み、温度をセンシング
光ファイバーセンサーによるインフラ予防保全

広範囲の施設や巨大な設備などの歪みや温度を、一本の光ファイバーでセンシングします。

作業現場の安全性向上
広域現場監視ソリューション 可搬型エリア侵入監視システム「MotionAlert」

人の動きを可視化するセンサーと追跡・識別を行うAI処理により、工事現場にてリアルタイム性の高い的確な監視を実現します。

見えづらいところも自由な視点から俯瞰できる
リアルタイムリモートモニタリングシステム「フライングビュー」

遠隔から自由な視点でモニタリングを可能とすることで、離れた場所から簡単・安全に、的確な監視や操縦支援を実現します。

振動や音による異常をAIで検知
波形解析 ForeWave for AE2100

構造物や設備が発する振動や音といった信号情報からAIを使って異常検知を行うことができます。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ