OKI Open up your dreams

VoIP告知放送システム

仕様VoIP告知放送システム仕様

1.告知端末『MA8200』仕様

ボタン・ツマミを必要最小限装備し、高齢の方にも使いやすいシンプルなデザイン、操作性を実現しました。大型の光るボタン、ツマミはすべて装置上面に配置し、優れた視認性を実現しています。また、目の不自由な方に配慮し、ボタン・ツマミには点字をつけるとともに、大きさ、形状(凸凹)を変えてあります。
RoHS指令(有害物質の規制)に対応しています。

録音ボタン
大切な連絡を聞き逃さない
スピーカ
クリアな音質を実現
点字表示
目の不自由な方にも容易に操作が可能
チャンネル切替えつまみ
暮らしに役立つ様々な情報提供

告知端末『MA8200』外観

インターフェース WAN RJ-45、1ポート
LAN RJ-45、1ポート
TEL RJ-11、1ポート
LINE RJ-11、1ポート
外部スピーカ 3.5Øミニジャック、8Ω
接点入出力 DIDO、入力4ポート、出力4ポート(DIDO搭載モデルのみ)
寸法(mm) 約200W×225D×60H(突起物除く)
質量 約900g(本体)
電源 AC100V(ACアダプタ)、10W以下
放送機能 放送種別 緊急放送、手動放送、予約放送、ページング放送(電話放送)、番組放送
録音機能 最大録音時間:10分(最大8件まで)
コーデック G.711、G.722
IP電話機能 キャリア直収、2セッション、留守時電話転送機能、特定ダイヤル番号省略、自動発着信切り替え機能など
データ通信方式 IPv4、IPv6、UPnP、PPPoEクライアント、NAPT、DHCPクライアント/サーバー、ルーティング、パケットフィルタリング、VLANなど
QoS TOS、DSCP、COS
ソフトメンテナンス 自動ダウンロード更新、リモートメンテナンス
適合規格 VCCI Class B、RoHS指令
設置方法 縦置き、横置き、壁掛け

ページの先頭へ

2.放送装置等仕様

放送装置はタッチパネルを標準装備しており、大きなボタンで簡単に操作が行えます。異なる放送装置同士の放送音源ファイルの共有や複数の音源ファイルの連結、テキストを入力して音声に変換する音声合成など、様々な便利な機能を有しています。

遠隔放送装置はノートPC型のため、持ち運びに便利です。

放送サーバー、放送監視サーバー、加入者管理サーバー、DHCPサーバー、SIPサーバー、放送装置・放送監視装置
※規模や機能によって、システム構成は異なります

放送機能 放送優先順位 1.緊急放送
2.手動放送
3.予約放送・ページング放送(電話放送)
4.番組放送
放送先選択 一斉、グループ、個別
放送モード選択 リアルタイムマイク放送、蓄積ファイル再生放送、外部音源指定、放送繰返し回数・間隔指定、録音指定、音量指定、確認応答指定など
CTIページング放送用
回線数
4、8、12回線
放送数 同時100放送
放送先グループ数 最大2000グループ
放送装置管理 パスワード認証、タッチパネル操作、操作権限管理、放送状況監視
告知端末管理 LANポートフィルタリング、端末データ自動生成・遠隔設定変更、リモートメンテナンス、放送応答監視、緊急通報監視
収容端末数 40000端末
サーバー構成 サーバークラスタ(冗長、分散)化対応
最小構成時、サーバー1台構成可(※)
放送装置、遠隔放送装置は計100台まで増設可
IPv6対応
システム連携・拡張 防災無線システム連動、外部接点連動、屋外拡声装置、J-ALERT連携など
  • 規模や機能によって、構成は異なります。
  • 掲載している仕様やデザイン等は予告なしに変更することがあります。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ