OKI Open up your dreams

ローカル5G支援サービス

ローカル5G支援サービス

「AIエッジ×5G」でDXの社会実装を推進する「ローカル5G支援サービス」

通信キャリア事業者により開始された5Gサービスを自営ネットワークとして活用するため、企業などのプライベート空間に独自の無線局を開設する「ローカル5G」に注目が集まっています。しかしながら、ローカル5Gとして自営無線システムを導入するためには、無線やIoTに関する高度な専門知識や、導入・運用に関するノウハウが必要です。

OKIの「ローカル5G支援サービス」を活用することで、無線局免許申請などの手続きや専門的知識を必要とせず、スムーズにローカル5Gの導入が可能となります。OKIはお客さまのローカル5G導入を支援するとともに、強みであるAIエッジ技術とローカル5Gを組み合わせる「AIエッジ×5G」により、お客さまのDX(※1)を推進します。

  • ※1 DX(Digital Transformation)。企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。出典:経済産業省

サービスメニュー

無線局免許申請支援サービス
電波伝搬測定およびローカル5Gネットワーク構築時に必要な、総務省への免許申請手続きを支援します。
無線通信環境確認サービス
ローカル5G導入の実現性および有効性を検証するため、お客さまの利用環境における電波伝搬特性を計測し、通信エリア検討のためのデータを取得します。
無線ネットワーク設計サービス
システム要件と電波伝搬測定の結果などから、ローカル5G無線の置局設計(※2)を含めたネットワーク設計および機器設定などの詳細設計を実施します。
システム構築サービス
お客さまのシステム要件を実現するために、ローカル5Gネットワークの構築、ネットワーク性能評価および最適化を行い、システム構築を支援します。
  • ※2 無線基地局の最適な設置場所を設計すること。

ユースケース例


高度IoT社会の実現に向けたOKIの取り組み

製造:スマート工場

高精細カメラ映像をローカル5GでAIエッジに送信
検査工程の自動化と、製品の品質向上を図る

ユースケース例:製造現場でのイメージ

OKIの取り組み:OKIが提供するManufacturing DX(※3)による次世代スマート工場の実現を目指し、ローカル5Gを活用した映像などの大量データの伝送や、AIエッジコンピューターによる画像処理などのリアルタイム処理を行うシステムを構築し、製造現場のさらなる省力化・効率化に向けた実証実験を行っていきます。

  • ※3 製造現場を見える化する「現場変革」、現場と経営を高度かつ双方向に連携する「IT・オペレーション変革」、環境変化・法令対応・少量付加価値生産などのさまざまな経営判断を支援する「マネジメント変革」の3つの変革から構成される、スマート工場実現をめざしたOKIのソリューションコンセプト。

交通:自動運転支援

路側インフラから高信頼、リアルタイムな情報を
5G/ローカル5Gで車両に提供

ユースケース例:自動運転支援でのイメージ

OKIの取り組み:ETCシステムなどの商品開発評価や、通信技術、交通環境のセンシング技術の開発評価を目的に設置しているITSテストコース(OKI 本庄工場)にローカル5G環境を設置し、自動運転支援への適用性について検証を行っていきます。

  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ