OKI Open up your dreams

現在位置:Home > 商品・サービス > 店舗デジタル変革ソリューション「Enterprise DX」 > ストアフロント変革 > 混雑計測・表示ソリューション


店舗デジタル変革ソリューション「Enterprise DX」

混雑計測・表示ソリューション 店舗デジタル変革ソリューション「Enterprise DX」混雑計測・表示ソリューション

「混雑計測・表示ソリューション」は、各種施設(例:空港や駅)における人の混雑度を計測し、利用者へ混雑度をご案内することで、利用者の自律的な行動を促すシステムです。

空港や駅では、時間帯や運行状況により、窓口/カウンターや検査場などで混雑が頻繁に発生しており、それによって利用者は現地において「待つ」ことを余儀なくされます。事前に混雑度を案内することで、利用者は買い物や飲食、移動時間の調整等の自律的な行動を取ることができ、時間を有効活用できます。また、施設側にとっては「(一部)混雑の緩和」「利用者ストレスの軽減」「商業施設の売上拡大」などが期待できます。

混雑計測・表示のイメージ

各種センサーによる環境に合わせた混雑計測(1,2の組み合わせも可能)

  1. 狭範囲の計測であれば、高さにより人を判断し混雑を計測します。
  2. 広範囲の計測であれば、画像解析により人を判断し混雑を計測します。

リアルタイムな案内表示

5分に1回を目安として、混雑状況を案内表示します。

簡易な構成による容易な導入

計測したい場所に各種センサーを取り付けるだけで対応でき、大規模な工事は不要です。各種センサーはPoE給電により、LAN配線のみで動作します。

ページの先頭へ

時間の有効活用

利用者自らの行動判断を促し、時間の有効活用を図ります。施設滞在時のストレスを軽減することで、施設利用の満足度向上が期待できます。

混雑の緩和

利用者が混雑を避けることで、さらなる混雑の緩和や混雑度の平準化が期待できます。

商業施設の売上拡大

待ち時間を施設内回遊に誘導することで、飲食店/物販店の利用頻度向上や売上拡大が期待できます。

データ活用

取得したデータ(人数や混雑度)を施設改修の検討や改修前後の効果測定に活用できます。

ページの先頭へ



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ