OKI Open up your dreams

ビジネスホン スペシャルサイト

操作方法電話機の取り扱い - 電話機の調節

通話中、自分の声が受話器から聞こえるので調整したい(ISDN利用時)

女性イラスト

ISDN回線を利用時、通話中に自分の声が受話器から聞こえてくる場合があります。これを「側音(そくおん)量」と言います。この側音量を調整する方法をご説明します。
なお、この設定はISDN回線をご利用時のみ有効です。アナログ回線の通話では、側音量は自動的にオフになります。

  • 対象ビジネスホン
    CrosCore2 S/M/L/XL、CrosCore S/M/L
  • 対象電話機
    MKT/ARC-[30/18]DKHF-[W/B]-02A、MKT/ARC-[30/18]DKHF-[W/B]
    下記の「設定方法」は共通です。

メニュー操作のワンポイント

  • 前の画面に戻る → [保留]ボタン
  • 文字を消す → [フラッシュ]ボタン ※長押しするとすべて消せます。
  • 終了する → [スピーカー]ボタン
  • その他、サービスメニューで操作中のボタン操作につきましては、下記ページをご覧ください。

ページの先頭へ

設定方法

1.待受状態で確定ボタンを押す

マルチファンクションキーの中心にある[確定]ボタンを押すと、電話機のディスプレイにメインメニューが表示されます。

  • 待受状態とは、受話器を電話機本体に置いた状態を指します。

2.音設定を選ぶ

[音設定]を選んで、[確定]ボタンを押します。

3.側音量を選ぶ

[側音量]を選んで、[確定]ボタンを押します。

4.音量を上げる場合は、十字キーの上ボタンを押す

十字キーの上ボタンを押すと、音が大きくなります。

5.音量を下げる場合は、十字キーの下ボタンを押す

十字キーの下ボタンを押すと、音が小さくなります。

6.確定ボタンを押す

[確定]ボタンを押すと、受話音量が設定され[音設定]メニュー画面に戻ります。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ