OKI Open up your dreams

ビデオ会議システム Visual Nexus

遠隔相談システム 「相談上手™」

遠隔相談システム 相談上手

従来、政令指定都市や中核都市では区役所や支所、出張所等で窓口業務を行ってきましたが、徐々に本庁や合同庁舎に職員を集約し業務の効率化を図る事例が増えています。しかし、人対人の対面で行われてきた相談窓口を本庁に集中化させると住民はわざわざ本庁まで出向く必要があるため、利便性が低下する可能性があります。
この課題を解決するのがOKIの遠隔相談システム「相談上手™」です。
地域住民は最寄りの支所に設置された端末で相談したい内容のボタンを画面タッチするだけで、高精細なテレビ電話で相談員に繋がります。相談員は専用開発のスキャナーによって、地域住民が持参した書類を即座に確認したり、説明資料に線を引きながら説明したりできます。住民からのお問い合わせは各相談員に均等に着信させることも可能で、相談業務に対応する職員間の業務量が平準化されます。

相談上手の特長

住民は簡単な操作で相談可能

遠隔相談利用イメージ

  • 窓口に来た住民はパソコン操作を意識せず、簡単に相談をすることができます。
  • きれいな映像で相談員が映るため、実際に対面しているのと同じように安心して話すことができます。

相談員も使いやすく業務が可能

遠隔相談利用イメージ

遠隔相談利用イメージ

  • シンプルで分かりやすい操作画面で、画面上にまとまったボタンをクリックするだけで相談業務を進めることができます。
  • 簡単な操作で窓口の住民が記入中の資料を確認し、アドバイスや説明を行うことができます。

主な機能

相談窓口端末

  • 相談メニューボタンで、専門相談員に発信
  • 相談員の着信で自動的に相談員の映像を表示
  • 相談員の操作で資料を表示

相談員端末

  • 相談窓口からの着信を各相談員端末に割り振る機能
  • 相談窓口との通話中に一時保留する機能
  • 相談窓口端末への資料共有、共有中の資料への書き込み機能
  • 相談窓口着信時に着信ランプでお知らせする機能(オプション)
  • 相談窓口のプリンタへの資料の印刷(オプション)
  • 相談窓口のスキャナ上の書類を遠隔取り込み(オプション)

相談業務に適した画面デザイン

画面レイアウトと機能アイコンのデザインは相談業務に特化した画面になっていますので、最低限の変更ですぐに使い始めることができます。

画面デザイン

システム構成

遠隔相談システム 相談上手 システム構成

導入事例:神戸市(神戸市 行財政局 税務部)様

神戸市様では、税務相談業務を新設された合同庁舎に集約し、市内9拠点の区役所を訪れた市民からの税務相談のために遠隔相談システム 相談上手を導入。対面式と遜色のない遠隔での税務相談サービスを実現しました。

その他の活用シーン

金融機関での活用
複雑な金融商品のご紹介や、高度な専門知識が必要となる相続相談業務を本部の専門員による対応に切り替えることで、各支店の負担軽減と専門業務の本部集中化によるコスト削減につながります。
多店舗チェーンでの活用
本部の専門員による遠隔対応により、小規模店舗でも店舗スタッフを増員せずに専門性の高い相談や質問に迅速・的確なお客様対応が可能になり、サービスレベルの向上につながります。

ページの先頭へ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ