現在位置:Home > 商品・サービス > 製造業向け(保守・営業)ソリューション > カスタマサービス(保守) > 保守業務管理(修理・点検管理)


製造業向け
(保守・営業)
ソリューション

商品サービス 保守業務管理(修理・点検管理)

特長

  • 修理受付から保守員のアサイン、作業報告まで全ての工程がタイムリーに管理できるソリューション(パッケージ)です。
  • 修理や点検では複数人での作業もあるため、複数保守員のアサインに対応しています。
  • 保守員のスケジュールが管理でき、アサイン済/作業中/空き等の状況が一目で確認できます。
  • アサイン時に該当保守員にメールで通知でき、携帯から作業開始、作業終了の簡易報告が行えます。
  • 納入機器毎に保守契約の有無を管理できますので、受付時に無償対応なのか有償対応なのかを判断できます。
  • 部品マスターに登録された部品単価や作業員マスターに登録された作業単価から、見積書が作成できます。過去の類似作業を呼び出し、そこから新たな見積書も作成できます。
  • 定期点検月を登録しておくことで、該当月に作業予定が自動的に作成されるため、計画漏れを防げます。
  • 保守部材を複数の倉庫で管理でき、さらに棚番にも対応しています。また、在庫数は、倉庫に存在している数だけでなく、保守員が持出中の数や、拠点間の倉庫移動中の数も管理できます。
  • 拠点内の部品のトレースができます。いつ、どの拠点に入庫し、その部品がどの作業で持出され、戻入はどうしたか等、追跡が可能です。追跡ができるため、持ち出したまま使ってもいない部品がどれだけあるのか(保守員のカバンに隠れているのか)を把握できます。
  • 在庫管理では、在庫数だけでなく在庫資産も管理できます。部品入庫時に、発注時の取得原価を登録できますので、持出時には高い取得価格の部品を選択するなど、資産面からの在庫適正化も図れます。
  • 顧客マスターには、納入機器を設置した施設の図面等を登録できます。
    機器マスターには、仕様書やマニュアル、外観写真といったドキュメントを登録できます。
  • OKIでは、CTIシステムや分析システムといった他システムとのデータ連携もご提供できます。

利用シーン

よく利用される利用シーンの一例になります。ここにあげた利用シーン以外でも、顧客管理や在庫管理、スタッフ管理にお悩みを抱えておられましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • お客様からのコール受付対応。(過去履歴や契約状況の確認)
  • お客様先への出張修理。(作業員スケジュール管理、交換部品の持出と戻入)
  • 保守契約に基づく月毎の点検計画。(契約管理、作業員スケジュール管理)
  • 在庫管理。(倉庫管理、入出庫管理、棚卸、部品発注)
  • 修理や点検の進捗管理。(案件管理、作業員スケジュール管理、作業報告)

機能

  • 訪問修理に必要な一連の業務に対応しています。
  • 受付画面では、納入品情報(型番や設置場所等)や納入品毎の保守契約情報、過去のお問い合わせ履歴を確認できます。
  • 保守員割当画面では、保守員のスケジュールや、保有スキルを確認できます。保守員のスケジュール表へ作業予定時間を登録することで、保守員へ指示メールが送信されます。
  • 交換部材持出画面では、倉庫の在庫状況を確認しながら持出指示が出せます。在庫が不足している場合には、予約を入れることもできます。
  • 作業報告画面では、対処内容や掛かった時間、交換した部品と個数を登録できます。何かしらの理由で当日に対応できなかった場合は、再度保守員割当に戻すこともできます。
  • 保守業務では、倉庫から持ち出したからと言って必ず使用される訳ではありませんので、使用されなかった部材は戻入画面で再び倉庫へ戻します。持出数、使用数、戻入数を管理できますので、持出後に使ってもおらず戻入もされていない部材をチェックできます。

保守契約の情報として、点検月を設定できます。点検月を登録しておくことで、該当月に自動的に予定が作成されるため、計画漏れを防止できます。

保守業務管理パッケージでは、保守業務に必要となる一通りの機能を標準実装しています。

  • CTIシステムと連携することで、お客様からのコール着信と同時に、受付画面にお客様情報を自動的に表示させることができます。
  • 現場作業支援サービスと組み合わせることで、モバイル機能をさらに充実させることができます。

システムイメージ

保守業務管理サーバー単独でも運用できますが、メールシステムや外部向けWebサーバーを組み合わせることで、さらに大きな導入効果が期待できます。

保守業務管理ソリューションを導入いただくことで、修理受付から保守員のアサイン、作業報告まで全ての工程で効率化が図れます。
また、お客様情報や納入機器情報、契約情報等が一元的に管理できますので、間接コストの削減にもつながります。

ページの先頭へ