現在位置:Home > 商品・サービス > 製造業向けERP・生産管理システム > 導入事例


製造業向け
ERP・生産管理
システム

導入事例

1993年以来、40社以上の導入事例の中から、OKIグループ内とお客様のERP・生産管理システム導入事例の一部を掲載しております。

OKI 中国工場

販売管理・生産管理・原価管理

受注生産、受注組立生産・見込生産が混在するOKI中国深セン工場では、生産拡大による在庫管理・納入管理・支払処理・輸出申請業務等の手間が増加。infor SyteLine導入により、重要データの分散、属人化された業務プロセスを整備・間接業務の効率化、および在庫管理・納入管理・支払処理等の正確化および効率化を実現しました。

OKIデータ チェンマイ部品工場

販売管理・生産管理・財務会計

プリンター用部品を主に生産するために、工場設立と合わせてInfor SyteLineを選定、導入。業務・運用設計は、国内で自社ノウハウで実施し、ローカライズは、運用担当者を現地採用し、短期導入を図りました。コスト削減、リードタイム削減に貢献し、さらに現在はSyteLine8にバージョンアップ中です。

OKI沼津工場

ERP・生産管理・販売管理

個別受注生産、見込生産が混在するOKI沼津生産センターでは、既存レガシーシステムを刷新し、BaaN(現Infor ERP LN)を業務改革とEUCを融合させて導入。結果、「構築中、運用後のカスタマイズ低減」と「生産性の倍増」を両立しております。

沖電線

生産管理・販売管理・原価管理

沖電線では、MCFrameを使って半年で生産管理を稼動させ、販売管理・原価管理も社員中心で統合・再構築を実施し、システム導入開始時の目標(納期遵守率100%、工期2分の1)をほぼ実現し、次のステップへと展開中です。

長野OKI

生産管理・原価管理

OKIグループにおける基板製造の中軸である長野OKIは、生産管理システムの老朽化に伴い、「MCFrame」を導入するとともに、「統合EUC」の環境も整備しました。「経営を支える高いデータ品質」と「現場の活用意欲を促す柔軟性」で業務改革の手応えを得ています。

伊藤超短波株式会社様

歴史ある医療機器メーカーの伊藤超短波様は、以前から取り組まれていた全社的な業務改革とMCFrameカスタマイズ最小化導入の相乗効果の結果、「業務効率約30%」「原価低減約5%」「原価計算誤差約0%」という効果を挙げています。FrameManagerの活用で導入後の追加開発費用も発生していません。

ページの先頭へ