現在位置:Home > 商品・サービス > NGNサービスプラットフォーム CenterStage NXシリーズ > 商品紹介 > CenterStage NX3200


NGNサービスプラットフォーム
CenterStage NX
シリーズ

CenterStage NX3200 セッションボーダーコントローラー(SBC:Session Border Controller)

商品概要


CenterStage NX3200
(SBC:Session Border Controller)

CenterStage NX3200(以下、NX3200)は、NGN(次世代ネットワーク)における通信事業者間の相互接続や業界初のキャリアグレード各種機能(SIP-ALG等)を搭載した通信事業者向けNGN IMS対応セッションボーダーコントローラー(SBC:Session Border Controller)です。

通信事業者向けの次世代通信機器の業界標準規格であるOKI ATCAプラットフォームおよびOKI独自開発の高信頼性ミドルウェアCenterStage HAPFの組合せによる稼動率99.9999%の高可用性、低遅延かつワイヤレート相当の高速転送性能、同時接続最大4万コールに到達する大規模なセッション制御性能、音声・映像のコーデック変換機能等の将来の機能収容へ向けた柔軟な拡張性など、NGNで求められるハイレベルの可用性・性能を実現しています。

またNX3200はIMS(IP Multimedia Subsystem)のコンポーネントとして、シグナリングに関わる網間接続機能をつかさどるIBCF(Interconnect Border Control Function)と、トランスポートに関わる網間接続機能をつかさどるTrGW(Translation Gateway)で規定されている機能を実装しています。

CenterStage NX3200の接続形態

ページの先頭へ

特長

トリプルプレーの進展に伴う(複数セッション/ユーザー)大規模セッション数の実現

Voice/Video両者を意識した同時セッション数の大規模化

ATCAプラットフォームおよびHAミドルウェア採用

交換機レベルの高信頼性(99.9999%)

機能追加ならびに変更に対する柔軟性と投資保護の実現

ネットワークプロセッサによるプログラマブル性(機能追加の柔軟性)により、様々な要求へ対応

ページの先頭へ

NGNに対応した様々な基本機能を業界で初めて搭載

キャリアグレードコーデック変換機能(メディア変換機能)を搭載

移動網や固定網で利用されている様々な音声コーデック間や映像コーデック間を同時に大容量で通信可能とし、異なる通信事業者間のスムーズな相互接続を実現します。

キャリアグレードのSIP-ALG(SIP-Application Level Gateway)変換機能を搭載

OKIが長年にわたり培ってきた呼処理技術を利用して、大容量のSIPメッセージを効率的に処理することで、異なる通信事業者の通信方式の差分を吸収し、スムーズな相互接続を可能とします。

ページの先頭へ

  • このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ