OKI Open up your dreams

現在位置:Home > 商品・サービス > 海洋・音響


海洋・音響

OKIは、長年にわたり通信・防衛事業で培ってきたコア技術である海洋・音響技術を、他の事業領域への応用を進めています。OKIの持つ海洋・音響技術によるセンサー群(超音波センサー、音響センサー、音響測位センサー、光ファイバーセンサーなど)により、船舶IoT、沿岸監視、海洋資源開発、海洋土木/構造物・防災といった領域でのさまざまな課題解決に向けて取り組んでいきます。

IoTの活用領域

船舶IoT(海運・造船)
OKIの海洋IoTプラットフォームを利用した船舶IoTモニタリングにより、海難事故防止や燃費向上のために、船の状況の正確な把握やデータに基づく適切な操船を可能にすることを目指しています。

沿岸監視(海洋自衛・警備/防犯)
沿岸の重要施設におけるテロ対策強化や、沿岸漁業における密猟対策など、水上・水中からの不審物や不審者の侵入を検知するニーズが高まるなか、OKIは水中音響技術を用いた監視サービスの実現に向けて取り組んでいます。

海洋資源
メタンハイドレートなどの新エネルギー源やレアメタル等の海洋資源の開発には、海底の詳細な状態調査が必要となります。OKIは、水中音響モニタリング技術を用いた状態調査に向けて取り組みを進めています。

海洋土木/構造物・防災
海中構造物の海中での状態把握や、構造物の被災検知といった、海中での把握か困難な状況に、音響探査技術等を用いたソリューションの実現に向けて取り組んでいます。

ページの先頭へ

水中音響活用による密漁対策IoTサービスのご紹介[3分50秒]

ページの先頭へ



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ